Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

写真分析#43【横写真の示すもの】

2019/8/11

287 0

今回の写真主題は「調和のとれた横写真」

その主題におけるポイントを改めて考えてみました。

そもそも調和とはどのような意味なんでしょうか?

 

【調和】
全体が具合よくつりあい、整っていること

 

・・・なるほど。

ではライフスタジオで調和のとれた横写真を撮るためには

どんなことに気をつければよいのでしょうか。

 

まず初めに、横写真は縦写真よりも画角内に

被写体以外の空間が入る割合が大きい、

なぜなら人は縦に長いからです。

だから横写真では被写体とはまた別に、

空間のこともしっかり考え抜く必要があります。

 

「空間(背景)+人+空間内の構成要素(副主体)」

それらが具合よくつりあい、整っている写真が

調和の取れた横写真になるということです。

 

ではそれらの要素を分解してみます。

・背景の構成(色味、質感、サイズ感に違和感はないか?)

・被写体のこと(被写体のポーズ、表情、Coordinateがインテリアと違和感ないか)

・副主体の比率(色味、重さ、配置)

 

上記の他にもちろん光やトリミングなど

撮影時のポイントも加味されます。

では早速この写真について分析していきたいと思います。

 

写真分析【横写真の示すもの】

・背景について

新横浜店を代表とするインテリア<ベッド>

座ったり、寝転がったり、立ってバランスを取って遊んだり。

日常のワンシーンを彷彿とさせてくれるインテリア。

全体的に白とベージュで構成された色味は

優しい世界観を演出してくれます。

 

・被写体について

仲良し男兄弟な2人。

表情も柔らかく笑顔が耐えない彼らにはベッドで遊べる、

部屋着のようなコーディネートがマッチしています。

色味を揃えることで2人の統一感を出しつつ、

その世界観に自然と溶け込めるように。

そして肩を組んでじゃれている瞬間を

収めている点がとても自然で素晴らしいと思います。

違和感のない、自然な手足の運びがより写真の質を

高めている点だと考えます。

 

・副主体について

ベッドの毛布のクシャッと感。

レースのカーテンを手繰り寄せているところ。

ベッド脇に立て掛けてある本。

それらすべてで世界観を演出しつつ、

彼らの存在感を引き立てるために画角内に

散りばめられているよう計算されていることが伝わります。

 

上記に提示したような様々な要素に、

カメラの設定やシャッターの瞬間を考えて

切られたこの横写真。

奥が深いと改めて感じたと同時に自分も

こんな風に考えられるように。

もっと写真と人と向き合いたいと思います。

この記事をシェアする