Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

備忘録#27 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」

2019/6/7

303 0

ついに雨がザーザーに…梅雨というくせっ毛には1番辛い季節がやってきました。

ライフスタジオ新横浜店のちゃっぴーです!

 

今回読んだ本は『自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」』という本です。

店舗会議や写真チームなど、人前で自身の考えを発表する機会がどんどん増えている今、

自身に足りていないのはその場で考え・まとめ・簡潔に伝える力だと思っています。

 

今回読んだ学びについてのまとめと、どのように現場に活かしていけるのかを考え書いていこうと思います。

 


 

日本の教育ではまとめる力が身につきづらい!?

よく学校の長期休暇の宿題で読書感想文の提出を求められることが多いと思います。

そんな時、大切なのは本自体の要約ではなく「どこから・何を感じ・どう考えたのか」が重要視されがちです。もちろん登場人物の気持ちを考え、情緒を読み解く力も必要ですが、要約する能力は社会生活において必要不可欠です。

お客様に撮影のシステムを伝える時、写真分析を書く時、スタッフ同士で意見交換を行う時。

社会人になった今、要約し、ポイントを抑え、相手に手短に、分かりやすく伝える能力の必要性を日々痛感しています。

 

5W1Hで内容を伝える

モノゴトを伝える前にまず自身で内容を精査する必要があります。そして最もわかりやすい方法が5W1Hでまとめる方法です。(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)

もちろん、内容によっては全てが必要ではないときもあるので、場合によって使い分ける必要があります。これは知っているからすぐにできる、というわけではなく日々の業務(電話業務や店舗会議)で意識して行っていくことが身につけるための近道です。

新規のお客様へのスタンバイ電話の際、週に1回の写真の時間など、いつもより1つ1つ意識して実践したいと思います。

 

必要なのは自問自答する力

しょうがないで済ませてしまうと何も変えることができない。

大切なのは「なぜ」を持ち続け自分なりの考えを持つこと、だそうです。

そうすることで判断力を養い、何が必要で何が不要な情報かが見極められるようになるそうです。広い視野でモノゴトを見ることも大事ですが、まずは身近に個人の視野から。

「なぜ」人は写真を撮るのか。

「なぜ」人とつながる仕事がしたいのか。

「なぜ」人とつながるために写真を選んだのか。

日頃考えることが少ない(避けている?)ことについて触れるいい機会になると思います。

日々の業務も「なぜ」を持ち続け、適当な判断を出せるようになることを目標にします。

 

まとめると日々「なぜ」を持ち自問自答をつづけ、

「判断力」を養い、

「5W1H」を参考に相手に伝えられるよう、

毎日を生きたいと思います。

この記事をシェアする