Staff BlogShimonoseki

Kawano Tomomi
下関店

河野 智美

あなたの大切な人は誰ですか?
あなたの大切なものはなんですか?
あなたの大切な時間はどんな時間ですか?

大切なことを、大切に。
感じられる場所になりますように。




下関店の河野智美です。
トレードマークは帽子とオーバーオール。
そうでない日はお洗濯中です。
世界で1番やきそばが好きです。
下関で育ち、福岡で学生時代を過ごし、
8年間ずっと神奈川で暮らし、
そしてまた下関に帰ってきました。

気づけばいつも海に行っています。

いろいろ考える日々の中で、
なんとなく思っていることは、

“Thank you”は「おかげさま」
“I love you”は「おたがいさま」

そんなこと。

感謝すること。許すこと。
誰かがいるから伝えられること。

やさしく、あたたかく、
過ごしていきたいと思っています。
そして、何を大切に守っていくのかを探しています。

Life is Life.

2019

2019/1/31

226 0

 

 

 

 

 

おなかの中にいた子たちも着物姿で会いに来てくれるようになりました。

赤ちゃんだった子たちもぶかぶかの園服を見せてくれて、
そんなちっちゃかった子たちは嬉しそうにランドセル姿を見せてくれるようになりました。

ママから離れられなくてひとことも声を聞くこともできなかった3歳の女の子が7歳になって楽しそうに着物撮影をしている姿を見てパパもママもわたしたちも泣きました。

指一本も弟に触れずに姉弟写真3枚くらいしか撮れなかったお姉ちゃんが4回目の撮影で弟大好きが爆発していてチューばかりしていてそれもまたまた泣けました。

5回撮影に来て5回とも泣いてた男の子が、アイラブユーってスタジオの留守電に残してくれるようになりました。

1ミリも笑わなかった子がだんだん慣れていくのを回を重ねて感じたり、
ハンディキャップがあってもそれはそれで大切な姿やねーって見守りながらの暖かい時間があったり。

なんの記念でもないけど、被災して改めて何が起こるか分からない今だからこそ家族揃う時に家族写真を残したくて、という言葉をいただいたこともありました。
帰省のタイミングでいつも来てくださる方も、なんでもないけど1年に1回は会わないとねーと来てくれる方も。

奥さんに何も言わずサプライズで撮影しに来てくれた旦那さんもいたり、親友同士大切な節目に来てくれたり、こどもたちの誕生日には有給を必ず取ってやってくるご家族も、仕事中に内緒で抜けて来てくれるお父さんも。
帰りの別れ際に「また1年がんばりますね」とお母さんが言い、「わたしたちもみんなが成人になるまで見届けられるようにがんばりますね」なんてお互いにエールを送ったりもしました。

下関で4年という時が経ち、出会いがあれば別れもあって、それでもあの時みんなで写真を撮ってて本当によかったです、と悲しみの中でも笑顔でおっしゃっていただくことも多く、この仕事の本当の本当は、きっとこういうことなのだと感じることも多くありました。

写真は写真が残るだけじゃない。

2019年もちいさな町のちいさなちいさなスタジオで、大切なものを見逃さないように、しっかりじっくり過ごしていきます^_^

もうすぐ5年目。
見えているものに、きちんと近づけるように。

 

 

ちなみにこの3姉妹、お姉ちゃんたちが小さな頃から関東のライフスタジオで撮影してくれていて、熊本に引っ越した今も毎年下関まで来てくれています。
それぞれがそれぞれの個性があって、それぞれにしたいことが違って、そりゃ普段いつだってくっついてないよね、なんて話しながら毎度おもしろいくらいバラバラな姉妹写真が仕上がっていたのに、この前の撮影でやけに団結していて笑えました!
「もし3人で会社をするなら何をする?」って話を振ったら、コショコショと内緒話をしたのち、『からしれんこんを売る!!!』と3人で意気込んでました!
熊本の郷土愛!!!
0歳の頃は泣きに泣いてた末っ子ちゃんも、今はすっかりおもしろキャラに。
1年1年、それぞれの成長もあって、姉妹の姿も変わっていく。
ゆっくり、ゆっくり。
見守っていけるように。
これからも健康第一でやっていきたいと思います^ ^

 

 

 

 

 

ライフスタジオ下関店

facebookとインスタ2つやってますが、

 

2019年の新年会を高校時代の友達としたところ5人中誰一人として何もSNSやってないメンバーだったので、そんな人でも見れる場所をちょろっと作って自分の記録としても残していこうかと思います。

この記事をシェアする