Staff BlogJiyugaoka

ウィリアム・モリスに学ぶ 我が家のまな板について

2019/4/29

203 0

学生の頃から好きだった芸術家 ウィリアム・モリス。

モダンデザインの父とも呼ばれる彼の残した言葉に「役に立たないものや 美しいと思わないものを家に置いてはならない」というものがあります。

オブジェになるようなもの

生活感を感じないもの

見た瞬間にときめきを感じるデザインのもの

そういうものに囲まれていると心が豊かになるような気がします!

 

 

で、我が家のまな板。美しいです。形も木目も縁のラインも、、、

ですが、致命的に使いづらい!とにかく小さい! 一般的にはチーズとかを切るのに使うようなやつですね。ほかに大きいちゃんとしたやつがあり、いわゆる「おしゃれ担当」とでもいうような立ち位置の子。

キャベツを切るたびに「普通の白くて大きいやつ、買っちゃおうかな〜」と誘惑に駆られます。

 

 

この記事をシェアする