Staff BlogChiba Forest

hyeyoung
千葉フォレスト店

LeeHyeYoung

「美しさ」は、私が個人的に追求し指向する目的であり、自己実現がされたときに現れる形と姿でもあります。現存する美しさの実体もありますが、存在していることを美しく作っていくことが私の人生の価値であり、おもしろさだと思っています。私を含め、人々、その人々が関係し作る生産品、それを構成する組織、構造する社会、最も広く見ると世界がそうです。だからこそ、死ぬまで規定していきながら努力したい行為でもあります。世界の中の小さな構成員の1人にすぎませんが、私のいる場所で実践し連帯し、生きていきたいという熱望でもあります。

「写真の考え」

2020/5/22

460 0

今回の春の物語(pink)の撮影では衣装はそれほど重要ではなかった。何が被写体を包んで何と被写体を繋いでくれるのか新しい画像を作成するのか説明が出来る論理につながるのかが重要だった。

1.

 

1はピンク色の広くて透明なレースが少女の顔を隠している。赤い唇の色がレースの上から見えて色味を加えてくれて顔とレースを繋いでくれるのは彼女の手である。

2.

2でバラは、一般的な物である。花束は豊かな立体感を出してくれる。ピンクと赤のバラの花、被写体の体を包んだレース生地は女性らしさを最大限にしてくれる。

3.

3の色味は全体的に統一されている。少女の茶色の髪のトーン、ベージュ色の髪飾り、肌色の顔に触れた花びら、首の辺の服のレースそして彼女が横になっているピンクの毛布。濃くて鮮明でないパステルピンクをPhotoshopのパレットを使って作ったのではなく人の手で作る。


「日常的に使っていたツールをどのようにすればインパクトを残すか?」に対する悩みはいつまでも終わらない課題である。撮影者として研究し続けなければならない課題。

1.

1は大きなお花で顔を半分隠している。そしてカメラを直視する視線。ソフトな色彩と強さが調和する。

2.

2竹林の濃い緑と少女の明るい笑顔、濃いピンク色の草を前に出してる仕草は少女が履いている赤い靴のように鮮明である。

3.

3の縺れている素材は私たちが日常的に使用しているボカシ用の白い道具だ。近くに入ると画面全体の背景になってくれる。そしてその向こうには人物がいる。いつもと違う目線と違う行動は日常的ではない写真にしてくれる。


動的な性格とその反対の静的な性格の共存させるのは自分の個人的な好みでもあり追求している事でもある。自分の色のある写真のスタイルにする事が写真プロジェクトの楽しさである。

1.

1風に揺らされる髪とそれを表現している繊細な線は写真の魅力でもある。赤いバラの花とそれに似た唇。透明な肌と視線は人という被写体にしか出来ない最高の魅力ではないかと思う。

2.

2飛んいる。妖精がジャンプをする。楽しそうにカメラに向かって明るく笑ってくれる。被写体を走らせるとその報いは撮影者に戻ってくる。

3.

3.被写体は固定しシャッタースピードを遅くしてみよう。スピードが遅くなると小さく揺れた物体はより強い揺れで表現される。


追求することは。

理想と現実が共存する美しい写真はフォレストが追求する写真である。素材は変えることが出来てもテーマは絶対離してはいけない紐のようなものである。紐を離さないためには愛、信じること、そして最善を尽くすことが必要である。

1.

1与えられた環境を愛して時こそそれを自分のものに活用することができる。愛するためには関心を持たなければならなくて注意深く観察しなければならない。シャッターを押す時は迷わず恐れずシャッターを押す。

シャッターの結果はどんな結果であっても後悔しない。

2.

2フォレスト空間で神秘的な写真を表現したい気持ちは熱望だ。そして時々熱望を表出してみる。今じゃなくても満足できる結果が出るまで試してみる。熱望は信じる事だから持続することができる。

3.

3 個人的にローアングルは日常であまり使わない。ローアングルを使わないと空を撮れない。自然を表現しながらローアングルを使わないのは矛盾であり怠惰である。今とは違う写真、新しい写真を撮影するには違う視点と物事を見る新しい目線に最善を尽くさなければならない。

 

この記事をシェアする