Staff BlogChiba Forest

hyeyoung
千葉フォレスト店

LeeHyeYoung

「美しさ」は、私が個人的に追求し指向する目的であり、自己実現がされたときに現れる形と姿でもあります。現存する美しさの実体もありますが、存在していることを美しく作っていくことが私の人生の価値であり、おもしろさだと思っています。私を含め、人々、その人々が関係し作る生産品、それを構成する組織、構造する社会、最も広く見ると世界がそうです。だからこそ、死ぬまで規定していきながら努力したい行為でもあります。世界の中の小さな構成員の1人にすぎませんが、私のいる場所で実践し連帯し、生きていきたいという熱望でもあります。

「千葉フォレスト」ドキドキ抽選会

2018/11/26

204 0

かつCM->ドキドキ抽選会->宝物探し->店舗イベント->ホームページに道がある->っワンポイント

目標 「3万人のドキドキ」

千葉フォレスト店の内部活動の道はホームページと繋がっています。内部の色を最大に表すための道具がホームページです。
スタッフの活動している姿は最高と最善のどこかの警戒船の上に居るのが現実ですがもくもくとやるべきことをやりこなしていることは間違えないです。

現在までの進行状況

「3万人のドキドキ」は訪問者の数を意味します。本社で提示された公式的な通計によりますと7月にすでに3万人を超えています。その後3万に以下に落ちることもありましたが似たような数値を維持しています。全体訪問者の数が多いため項目別順位もライフスタジオ店舗の中では上位に立っています。インテリアとニュース以外にも店舗の努力が加算されているphotogenic, coordinate, ourstoryの中で更新率が低いphotogenicは他に比べて数値が低いです。しかしcoordinateは更新率と数値が相対的に高いですし、ourstoryは他店との差が明確に見えます。

優先的に改善すべき項目; about, news, photogenic

ライフスタジオのホームページでフォレスト店が話題になってるのかは重要なところです。話題になってほしいとは思いますが、現在の活動は他店舗と比べた時差別化はされてないのが事実です。3万人以上のお客様に来てもらうためにやらないといけない仕事への誠実さも必要ですが、フォレスト店だけの強みを見つかり、内部文化として定着させないといけません。

全体的の改善事故は一方的な通信ではなく、

お客様との総合交流ができる窓口にならないといけません。

 

  • コーディネート

コーディネートはお客様の最も多い質問であれ、要求事項でもあります。75カットと3着のお着替えはライフスタジオのお客様には当たり前とされている撮影のシステムです。そして普通のカジュアルな格好からより格好いい写真になってほしいよりもいろんな衣装を着て、色んなコンセプトで、日常離れしている新しい経験とそれが表現されている写真を要求されています。スタジオの撮影に対して関心と情報が多くなっているためです。リピーターが多いライフスタジオは10年以上の期間分大きくなったジュニアの撮影が継続的に増えているため、店舗で提供してる衣装の保有情報はお客様からの当たり前な関心分野です。

 

フォレスト店では実際店舗の衣装を着て撮影された写真をアップロードしています。衣装をアレンジしたり、違う角度から撮った写真を一枚に見せるためデザインをしていて、洋服のサイズなどを具体的に作成しています。コーディネートの領域を単純に衣装を並ぶよりは実際撮影されている写真を掲載した方がより詳しい情報になりますし、スタッフの中でコーディネートに興味がある人はヘアスタイリング、アクセサリーの付け方などをより多様に構成することが出来ると思います。

[添付] 6~upload 49個 (及川作)

 

  • our story

フォレスト店ではour storyは 「interior story」->「oi channel」->「katsu CM」 順に変化して来ました。全部違う内容で構成されていて現在は動画を編集し、シナリオを作成して広告放送の形で発信しています。コーディネートが情報による提供だとしたらour storyはフォレスト店内部の姿、お客様と過ごす現場感、笑いのしさを含んでいるイベントとも言えると思います。インテリアの過程からoi channelは店舗を訪問する前のお客様に興味をもってもらいました。今のkatsu CMは推選と広告の目的性があるため、推選に関わったお客様にも興味をもってもらっています。

ホームページの可動の要因の一つは更新です。ニューホームページが記事の方式でライフスタジオの今の動きを見せているとしたら、フォレスト店のページではour storyがその役割を果たしています。また、 you tubeやface bookとも連動させビューの数値も上げています。

フォレスト店our storyの競争力は動画だとも言えます。動画はライフスタジオのホームページの中ではまだ一般的な道具ではないためです。アプリを使って作業をしていますが編集するには繊細さが要求されます。かつが今まで7か月間our storyにあげているフォレストの映像は60個以上です。初めから制作の意図が提示されていて、撮影には多くの人々に参加してもらいましたが、個人の努力がour storyの訪問顧客を集めることに大きい貢献をしていると思います。

[添付] 4~upload 60個 (かつ作)

 

『ドキドキ抽選会event – message card』

フォレスト店の「ドキドキ抽選会」は「ホームページに道がある」と直結されています。

初めて運営した時目標としてた「3万人のドキドキ」は店舗のイベントを通してホームページに集中することを実践するためであり、「宝物探し」という大きい主題の下、一つの項目として「ドキドキ抽選会」を進行し、時点のページour storyの「かつCM」として発信しています。」

簡単に整理してみますと下記のようです。

かつCM->ドキドキ抽選会->宝物探し->店舗イベント->ホームページに道がある->ワンポイント

宝物探しイベントの下で実際宝物探しの遊びを進行し「oi channel」として発信してましたが現在は休憩期に入ってい、CMで通合し、広告のみ制作をしています。宝物探し遊びの内容はとてもいいとは思いますが、再開するためには形式を見直す必要があります。「ドキドキ抽選会」は全てのお客様にモニターする前のの時間にメッセージを頂き2週間一回抽選をし、プレゼントを贈っています。今まで7回に渡り、4か月間行われています。お客様から約380個のメッセージを頂き、一部はモニター室に展示していて、これから設置する方法や、また訪れてくださるリピーターのお客様のためのイベントを模索しています。

大きい形式のイベントや、推選会を通してお客様の満足してもらうとは限らないし、メッセージの内容だけでお客様にいい評価をもらったとは言い切れません。ただ、大事なところはどんな意味で形式と内容が作られてるのかだと思います。イベントはフォレスト店をより多くの方々に知って貰えるためであります。メッセージカードを書かれているお客様の気持ちが、フォレスト店で過ごす2時間で感じたそのままであれば、その2時間の思い出をいい思い出として作ることが大事だと思います。思い出の中、楽しい撮影、記憶に残る場面、ストーリが伝わる質のいい写真などが入らないといけないです。結果はオンラインとオフラインで訪問してくださるお客様を通してしか分かることはできません。

 

現在のフォレスト店に訪れてくれたお客様の評価だけを見ると高い点数を頂いてると思います。本来ライフスタジオが持っているブランドのいいイメージと千葉フォレスト店の強みでもある希望、野外撮影、インテリアだけでもオープンしたばかりの店舗の割には平均以上にはなったかと思います。しかし、お客様が受けろ感動という物は見えるところだけではないです。目に見えるもの以上に感じる事が必要です。環境の部分でも言及したように人の温もりを感じれる環境は空間に入って来た時、漂っている温かみが違うと思います。放置されてるものとちゃんと管理されてるものの差は人だけが五感から感じれるからです。お客様を人と人として接し、より親密に接するところは全てのライフスタジオの魅力であれ、撮影の時流す汗もライフスタジオの構成員全員に該当されています。

フォレスト店のスタッフは走り回ってます。.

動きが上手な被写体とは当たり前にいい写真が撮れるのと同じく、いい環境で余裕のある動きは当然です。フォレストの環境は店舗の名前そのままフォレスト、自然と主にできる環境であります。広い空間でありますが、空間が単独で分離されていて、毎時野外でも撮影を行っています。雨の日は傘をさして次のシーンを撮る場所に移動しなければなりません。撮影をしながら虫を取ったり、日がよく入ってくるので流す汗の量も多いです。しかし、撮影が延びたりお客様を放置することは一切ありません。いつもお客様を見ていて迎える時は走って行って迎えます。野外で子供達と一緒に入り、枯れるほどの大きい声で撮影をしています。ロケーションのようにできるだけ多くの場所で撮影ができるよう無駄に時間を使わずシャットを押します。お客様の声に集中し、お客様のニーズに合う撮影ができるように頑張っています。このように撮影をするためには集中力と走り続ける体力が必要です。撮影が終わってお客様の帰り際に「本当にいいお写真でした」よりは「今日本当に楽しかったです」と言う聞いています。頑張って動いているスタッフへのエールだと思います。きっとこれからシステムや、環境は改善していかなきゃいけないです。物理的な部分に置いては余裕を確保し保証しなければなりません。自然な場所で自然を満喫するために来てくださるお客様のためには走り続けないといけません。そしてそれがお客様と向き合うフォレスト店の姿勢だと思います。

[添付] message card – 380

この記事をシェアする