Staff BlogSoka

Izumi Hashimoto
草加店

橋本泉

こんにちは!
草加店の橋本泉です。あだ名は『はっしー』です!
アニメやマンガが大好きなので、そこをきっかけに皆さまと楽しくお話できたら嬉しいです。
この写真を撮る時ガチガチになってしまい、カメラを向けられるって本当に緊張することだと実感しました。
来てくださる皆さまにはそんな思いを忘れて楽しい一日にしていただけるよう精一杯頑張ります!

いつもと違う一面

投稿日:2021/11/3

440 0

人の横顔が好きです。

 

その人と正面から向き合った時とは印象が全然違うところが好きです。

 

人は顔ひとつとっても多面的で見方で色々な印象を与えるものだということを横顔を撮影しているとよく思います。

 

横顔ってどんな人でもなんだかすこし静かで優しい気がするのも好きな理由のひとつです。

 

 

今回の写真の彼女は七五三撮影のため草加店にやってきました。

 

人見知りなく元気いっぱい。

撮られることも好きな彼女は私とのりぴーのギャグにも弾ける笑顔で答えてくれるとっても可愛い女の子でした。

 

「楽しい!」を全面に出してくれるその天真爛漫さに癒されつつ、スッと通った鼻筋の綺麗さに絶対に絵になるだろうと妄想を膨らませていました。

 

この横顔のシルエットを活かすなら、絶対日差しが強く差し込む場所がいい。

 

そう考えて、2階にある屋上につながる窓辺に腰掛けてもらい撮影することに決めました。

 

普段はなかなか使わないその場所は、午後になると強い西陽が差し込んでくるのです。

 

日光の強いあかりは陰影をつけたりシルエットを美しくみせるのにとても適しています。

他の場所だと光が拡散してシルエットを強調するには向きませんが、その点この場所なら窓が小さく他の光源もないので拡散の心配はありません。

 

のりぴーに手伝ってもらい普段そこを飾っている小物を片付けて乗れる状態にし、彼女に日差しに対して逆光の向きに座ってもらいました。

 

とてもよく晴れた日のお昼過ぎ。日差しは充分すぎるくらい降り注いできます。

 

着てもらっている衣装は白のドレス。下手をすると衣装が全部光で飛んでしまって顔だけになりかねません。

 

注意して露出を調節しながら横顔を撮影していきました。

 

衣装は飛ばないように、でも眩しい日差しの差し込む柔らかな雰囲気は消えないように。

 

画面が白くなりすぎて奥行きがわからなくならないように。

 

あえて彼女の横顔が画面の中央に位置するようにし、印象的に写るように。

 

私が調節に時間を割いている間も、彼女の集中力が切れないようにのりぴーが声を掛け続けてくれています。

 

慎重に整えて、シャッターを切りました。

 

背景も白む日差しの中、下を見つめるその表情はとても静かで柔らかく、なんだかドキッとしてしまいます。

 

元気いっぱい天真爛漫そんな彼女がみせるいままでとは違う一面。

 

こういう顔を見られるから、横顔を撮影するのが大好きです。

これからもチャレンジしていきます。

この記事をシェアする