PhotogenicShinyokohama

crazy for me

2019/12/31

264 1

Photo by Yuki

Coordinator by Momo

 

 

 

自信がある女性は美しい。
うまいことをいう人がいたもんだなと思う。

 

自分のチャームポイントを理解することは自分をもっと魅力的に魅せるために一番必要なことだ。

そしてそうやってそのチャームポイントに自信を持っているからこそ人の目にはより魅力的に写る。

そしてまた評価される。

自信につながる。

 

 

成長し周りを見れるようになったからこそ、周りの視線が気になるようになったからこそ大きくなると自分に胸を張れない時もあるだろう。

 

でもそんな中彼女は自分を持ち、自分を愛し。

堂々と私たちの前に立っていた。

 

そんな堂々とした自分に自信を持った彼女は私たちの目に何倍も大人びて、そしてチャーミングに見えたのだ。

 

 

 

【被写体観察】

 

彼女は長女。

優しい兄とお茶目な妹に挟まれたお姉ちゃん。

しっかり者の彼女はそれだけで大人びて見えていたがもう一つそう見える理由があった。

 

人のいいところを素直に認められること。

そして自分の好きなところをしっかり持っていること。

そして他人と違う自分のいいところをしっかりと理解していること。

 

下の子たちの撮影中も可愛い!!いいな!!と素直に感想を口にする。

自分のチャームポイントもわかっていて、魅せ方もよくわかっている。

写真を撮られることも好きで自分に自信がある。

 

そんな彼女を私たちは素直に「美しいな」と感じた。

 

まるで私を可愛くとってみせて!

とでもいうように。

私たちを誘うように。

彼女は自分のチャームポイントを惜しげもなく私たちに見せてくれるのだ。

 

 

足が長く体幹のいい彼女。

重心移動や関節の動かし方もしなやかで女性的。

これも彼女を大人びてみせている理由の一つだ。

 

 

【ポージング】

彼女の一番のチャームポイントである脚をより美しく長く見せるにはどうしたらいいか考える。

左右の足は動きがバラバラであるべきだ。

関節の位置を同じではなくずらすことで更なる脚長効果がある。

 

前ボケをもっと入れて、上を向かせて物思いにふけっているようなショットも思い描いた。

 

だが話しかけたときに彼女がちらとこちらを見たとき「こっちだな」と感じた。

その長い脚を惜しげもなく私たちに見せながら

「いまわたし、かわいいでしょう?」

そう言っているかのようなその視線に私たちは吸い寄せられた。

 

少しだけ挑戦的で不敵な。

私達が自分に魅了されていることを知っている。

 

自分が一番魅力的に見えるポーズを知っている。

角度を知っている。

表情を知っている。

 

それを魅せて私達をひきつけて。そうしてそれを体感して。

 

彼女はきっと今「愉しい」のだ。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする