PhotogenicShinyokohama

私から見たあなた

2019/7/31

356 0

Photo & write by Ara

Codi by koba

@shinyokohama

 

この1枚で表現したかったのは彼女の成長と私の視点から見たあなた。

 

家族も、私たちも知っているあなたは、子供らしさから大人っぽく成長していることを。

 

ライフスタジオ で写真を残す理由。

・お子様の成長の過程を残したい

・新たな1面を見てみたい

・家族の記念

・楽しい思い出を残してあげたいetc…

 

被写体であるご家族にとっても撮影者である我々にとっても理由は様々ある。

ありがたいことに、指名をいただくと何か自分に求めていることがあると事前に相手を知りたい気持ちは増加し、信頼関係は初対面より構築されていく。

 

今回の彼女は、私がまだライフスタジオ に入ったばかりに出会ったご家族様だった。

当時の私はカメラマンの研修中で、コーディネーターとして独り立ちしはじめたぐらいの時期で現在青葉店にいる小林さん(こばちゃん)がカメラマンであった。そして、今回お会いしたご家族様は私が一人でコーディネーターとして撮影に入って初めてゲストストーリーがあがったご家族様である。あの時の感動は今でも忘れられない。

 

そんなご家族様から、2年ぶりに予約が入り私がカメラマンで撮影していることをHPで知り、撮って欲しいと七五三のご予約をしていただいた。

幸いにもその日は青葉店との交換勤務日だったためこばちゃんに連絡し一緒に撮影に入って欲しい旨を伝えた。今度は私がカメラマンとして。

 

前回の思い出をパパさんやママさんとお話しながら久々に会えた嬉しさを伝え彼女の観察から始めていったが、2年前の幼さから変わり、大人っぽさを感じた。

そしてこの日は七五三の撮影ということでヘアメイクが入ることで前回よりも大人っぽさは際立っていくことが予想された。

 

そして、こばちゃんと一致したのが彼女の横顔である。前回の幼さを感じた時には少しだけ今よりも丸みをおびた状態であったが、年齢とともに身体的に成長した彼女の横顔はよりシャープに鼻筋もきれいにかわいさよりも美しさを感じ取れた。正面の笑顔も素敵だが、この横顔もどこかで残したいと打ち合わせをし撮影に臨んだ。

 

新横浜店の七五三は着物もカジュアル着物なためいわゆる古典的なタイプではなく、ヘアメイクにもこだわりを持っている。そのため被写体である女の子に合わせてヘアメイクや髪飾りも変更する。七五三ならではのクローズアップを撮影する際に、印象的となるかの彼女の目と鼻筋、そして髪飾りや着物も見えるような位置で撮影したいと頭の中でイメージを膨らませながら。ドレスアップされた彼女はさらに美しくなっており撮影をはじめていったが、基本的に私たちの撮影はハイテンションで進んでいく。この1枚を見ただけでは感じとれないほど私たちの「かわいいーーーーー!!!!」という声が響き渡りながら進んでいった。

 

そして彼女のアップを撮影する際に選んだ場所は16時以降に強烈な西日が入るフォレストルーム。横顔を綺麗に美しく撮影するため、光は逆光で横顔になってもらった。

鼻筋や、クローズアップを印象付けることができるようにキャッチライトをいれるような角度、そして七五三であることがわかるような髪飾り、着物をいれこんで。

最後のワンポイントとして手を入れ込むことにより、しなやかさと鼻筋から続く光の線がきれいにうつしこまれた。この手のしなやかさは彼女特有のポージングのうまさだ。

前回お会いした5歳の時も、彼女のポージングはとても上手だった。

今回も私がふざけながら「ほっぺぽりぽりぽりぽりしちゃってー!」ぐらいのテンションで伝えた状況だった。優しい彼女の行動は動き自体が柔らかく自然とこのような仕草になったのかもしれない。撮影の空気感から想像を超える写真を残すことを意識しているが、

その瞬間を逃さずしっかり残していくのが私たちの使命だ。

 

今回の七五三の写真に関しては後日、また共有したいと思うが1番伝えたかった彼女の成長とこれはエゴかもしれないが私自身の成長も今回指名をしていただいたパパさんやママさんに伝えたかったのかもしれない。私たちから見たあなたを。

この記事をシェアする