Staff BlogMito

na・ka・ma

2017/12/10

596 7

[仲間]


この因縁は
大切な何かに気付くため

だから

競い合い 奪い合って
高慢な優越感を求めるよりも

今 自分の徳を
真の笑顔で 
渡し合い
喜び合い

案外 救われるのは この自分

幸せに生きるって
そういうことかもしれない


::::::::::::::::::::::


この詩は、私が創ったものではありません。
息子の中学校の校長先生が、学園祭に際して
生徒たちに向けた言葉です。
先生もどこかから引用してきたらしいのですが、
この詩を読んだ時に、
今、自分が水戸店で感じている心を
そのまま文字にしてくれているような気がしてなりませんでした。
よくも出会えた。本当にそう思っています。
環境は与えられるものではなく、作っていくものだけれど、
出会えたことに心から感謝したいと思います。




 

この記事をシェアする