Staff BlogMito

「未来へ」

投稿日:2017/6/5

944 0

ほら 足もとをみてごらん
あれがあなたの歩む道
ほら 前を見てごらん
あれがあなたの未来
――――――――――――――――――――
キロロの「未来へ」という曲が頭の中に浮かんだ
扉の外には光が満ち溢れていて、
子供たちの未来をそのまま象徴しているよう
自分が幼かった頃もこのように世界が光に満たされ
さあおいで、と手招きしてくれていたのだろうか
繋いだ手と手は 愛の螺旋の象徴
注がれたまま、されたように子に継がれていく
そして成長するにつれ
注がれたものはもっと広い世界へ、もっと多様な人へ
と返されていく
私もその螺旋の中でお返ししていくことが
私にとってのやるべきこと
何で表現できるのだろう
何を持ってお返しできるのだろう
それらを日々考え 体現するために存在している
受ける側からとおの昔に渡す側へとなったから
注ぐ側の気持ちも注がれる立場も理解できるようになった すこしは
小さなころは多分光は見えていなかったのだろう
光が見えなかったのは
光しかなかったからにちがいない
それを 出会った子供たちにひとつの形を持ってプレゼントしていく
出会った方々へ紡いでいく
それがわたしの歩む道・・・
 
 

この記事をシェアする