Staff BlogMito

2015/3/25

170 0

夏が大好きです。
でもその夏到来前の春も好きです。
凍りそうな寒さに、頭も身体も心までも凍りそうだった冬の日々から、枯れ枯れに茶色かった梅の枝先が膨らんで、ある日ふと好い匂いがして、梅の花を見つけた時。凝り固まっていた身体からふうっと緊張が解け、心も身体も和らいでいくのを感じます。
好い匂いの春。夏にはない香り。
空が明るい春。
自分と、自分を取り巻く世界が優しかったんだなと、改めて気づく春。

―世界がこのまま優しく暖かくあるように祈りながら過ぎる 偕楽園の梅をながめながら―
一句。

この記事をシェアする