フォトジェニックアーカイブPhotogenic Archive

選択

投稿日:2018/5/31

977 0


「良い写真」について考えることがあります。
周囲の客観をもらったり、自問自答してみたり。
構図や光など技術面から見たり、何を考えて撮ったのか概念面から見たり。
 
もちろん基礎がなくては得られなかった技術(=視野)があると思っています。
その為に日々写真について学んでいます。
写真教育や写真アカデミー、先輩からいただくフィードバックなど、学びは、自分の写真の為に行っていることです。
 
そこで得たものをどう使うのか、シャッターを押すときにやってきます。
良い写真を撮ろうと、1枚の為に踏んだ過程は自分で選択したものです。
 
例えば、光の選択。
この写真は顔に光が当たる位置を探して、被写体に立ってもらいました。
上から直接的に当たる光は野外で得られる条件の一つであると思います。
 
色味の選択として、今回モノクロを選択した理由は、光をポイントとした写真を撮ろうと思ったからです。
たくさんの緑に囲まれた森の中で、被写体を照らす差し込んだ光がメインとなるよう、緑の量を隠すためにモノクロの効果を考えました。
数々の選択を形にできた写真であると思いました。
 

良い写真は、
シャッターを押した瞬間の自分が決めるのです。
 

自分で撮った写真にもっと自信を持つべきであり、そうなりたいと思っています。
「自分の写真」というものを評価という形だけで見ずに、自分でも認めることが私には必要だと感じたのです。
 
 
少し話が逸れますが、ライフスタジオの大きな価値は「人」だと思います。
「人」を育てるのは「人」だと思いますが、その「人」の中には、周りの人もいれば、自分自身もいるのです。
 
今までは、指導してくださる先輩の言う事が全てで、それが私の目指すもののように思っていました。
ありがたいことに先輩方に恵まれ、真摯で正しいお言葉をいただけています。
言われたことが出来なくて歯がゆく落ち込むこともありました。
けど言葉そのまま形にすることが、私の写真をつくれるのか?ふと思ったのです。
自分の意志は、考えはそこにあるのか?
 
いただいた言葉を自分に落とし込む方法、身に付けて武器としていつでも使える方法は自分で考えなくてはいけません。
私の意志によって、私の写真も、私自身も作っていかなければいけないのです。
 
つまり成長するかしないかは、結局自分自身の選択だと思います。
自分の写真と、自分と向き合いながら、
歩みを止めないこと。自分を認めてあげること。それでいて驕らないこと。
今一度思い返されました。

Photo by Lisa
Assistant by Masakuni
 

この記事をシェアする