フォトジェニックアーカイブPhotogenic Archive

今日という芸術

投稿日:2018/5/31

1174 0

Jiyugaoka Photo

Photo by Ren
Coordi by Asana
 
Title : 『今日という芸術』

写真は現実に充実な記録であるために、すぐ古くなり、記録となる。
一度見た現実は次にはもう過去のものとなってしまう。
だから、一枚の写真は「今日」という芸術だと思う。
今日の現実のなかに、今日のわたしにつながってからこそ生み出される。
今日を感じられなくなった人には“記録”としてしか認められない。

この日出会ったのは、3才の七五三で撮影に来てくれた女の子。
実は彼女、朝まで風邪で熱があったらしく病みあがりの状態だった。
ママさんと私は大丈夫かなと思いながらも彼女のテンションを下げないようにそういう素振りを見せないようにしていたが、大人達の気持ちをわかっているかのようにルンルンと楽しそうに鏡の前でメイクをしてもらっていた。
心配していたことが恥ずかしいほど元気に撮影についてきてくれる彼女をみて「今日」の彼女をどう残してあげたらいいんだろうと悩んできた。

とっても元気な彼女の動き、そして彼女を包み込むような暖かくて強い光。
窓の柵が影を作ってくれて外から入ってくる光の動きを表現してくれた。
そして広い場所で解放された彼女がキラキラした目で“次はななして遊ぶ?”と聞いているような目でわたしを見つめていた。
“次はくるくるして遊ぼ!”と声をかけてあげた。
そしてファインダーのなかにいる彼女と目が合った瞬間シャッターを切ってみた。

彼女のなかで「今日」はどんな一日だったのかな。

この記事をシェアする