フォトジェニックアーカイブPhotogenic Archive

情景

投稿日:2018/4/30

844 0

本を読んでいたら、偶然「情景」という言葉に目が止まった。
本の中では、「人の心を動かす風景や場面」という解釈も付いていた。
人の心を動かすというのは撮る側の話なのか撮ったものを観ている側の話なのか?気になってきた。
もっと調べてみると、「心を通じて感じ取る景色、心に何かを感じさせる風景や場面」という解釈を見つける事ができた。
撮る側から感じたことを観る側からも感じさせる事はできるのかな?

人はそれぞれ見方、考え方、感じ方があると思う。
たぶん同じ風景の前にした10人のカメラマンがいれば、10通りの写真ができあがるだろう。

その中で私が感じたこと、伝えたかったのは、毎日全力で泣き、笑い、育っていくその光景をレンズ越しに眺めながら成長していく彼らの姿、その一瞬をママ、パパと共感したいのではないかなと思えてきた。

この日に出会ったご家族は、子供の泣き顔や嫌がる顔、真剣な表情全てを残したいと言ってくれていたが、3ヶ月の赤ちゃんだったせいかずっと泣いてばかりの状態だった。
しかし、その風景を微笑みながら見てくれているママとパパから何かが伝わってきた。
その「情景」を見ていた私の気持ちが動いたのだ。
そして、しばらく押せなかったシャッターが押せるようになってきた。

Photo by Ren
Coordi by Nishijima

この記事をシェアする