ライフファミリーLife Family

7年以上撮り続けてきた家族 出会いから今までのつながりは自分想いを行動にすることから [ライフスタジオ名古屋西店 Kobayashi Kaori] -184

投稿日:2022/5/10

97 0

名前を呼んでくれて、ありがとう


人生を通して、人との出会いは何度訪れるでしょうか。ライフスタジオにいると毎日が、出会いと再会の連続です。人に出会い、向き合う毎日。そんな嬉しい毎日が、当たり前になってしまわないように。向き合い続けていかなくてはと、改めて感じています。
 【写真館のお姉さんではなく、一人の人として、名前を呼ばれる幸せを教えてくれたMちゃんファミリー】
 デレデレと書き綴ってみようと思います。笑

彼女とのライフスタジオでの出会いは2歳の撮影の時


2014年。ライフスタジオで初めて出会った時、まだ彼女は2歳でした。ぱっつん前髪に、にこにこ笑顔。ふくふくのほっぺ。何をしても、笑ってくれて、表情豊かに反応してくれて。可愛くて可愛くて。ま~可愛くって。 最初はコーディネーターとして撮影に入らせて頂いていたのですが、まあ可愛すぎて離れられずにおりました(カメラマンは困ったことでしょう。)
 

3歳の七五三撮影では自ら入りたいと立候補


次の年には3歳の七五三記念の撮影予約が入ったのを見て、まっさきに「小林入りたい!!」と立候補しました。初めての七五三撮影での慣れない着物で緊張しちゃうかな?と思いましたが、変わらぬ笑顔でにこにこと着物を着て楽しんでいる姿にまたまた癒され、終始可愛い~~~と私が叫び続ける撮影となりました。
時折見せるお姉さんな表情も、にっこり目尻が下がっちゃうほどの笑顔も大好きで、また絶対会いたい!と思っていました。その次の撮影からは、カメラマンとして撮影に入らせてもらうように。
 

彼女が読んでくれる私の名前 コーディネーターやカメラマンとして撮り続ける家族


3度目くらいの撮影からは、「こばちゃん!」とお名前を呼んでくれるようになり、にこにこ大好きな可愛い笑顔で飛びついてくれるようになりました。とにかくその時は、予約が入って名前を見たら、「私が!入りたい!会いたい!!」と名乗りを上げ、撮影に入らせてもらっていました。
 3度目のライフスタジオでの再会でカメラマンとして入らせて頂いた撮影では、ママさんのお腹には新しい命が!ママさんのマタニティ撮影もさせていただきました。初めて出会った時はまだ赤ちゃん感の残るむちむち2歳さんだった彼女が、何とお姉ちゃんに!!感激でした。
 

撮影以外にも、店舗で以前スタジオの衣装や小物のバザー&写真展イベント(カンボジアの寄付イベント)を行ったことがあり、そのイベントに遊びに来てくれました。そのときは出入り自由でお客様が店舗に沢山いらっしゃっていたのですが、その中でも「こばちゃ~~~ん!!!!」と、私を見つけて叫びながら駆け寄ってくる彼女。もうこの時点で、勝手に撮影に入らせてもらっていた「私の片思い」は、彼女と両思いであると確信しました、勝手に(笑)
 

2016年までの4度の撮影とイベント、私は彼女と再会をし続けました。
その後、2017年、転機が訪れ、1年間ライフスタジオ新横浜店へ異動となりました。

その年の撮影だけは、彼女の撮影には入れず。。

撮影に入ったスタッフから、「とってもおりこうさんで可愛かったよ!」という報告と、「こばちゃんのこと覚えていたよ~」と聞き、会いたかったな~なんて思っていました。よし、次回は何が何でも、と心に決めていたわけですが。

なんと、その次の年から、「彼女の」ご指名をいただけるようになりました。基本人懐っこく、誰とでも仲良くなれる彼女、そして妹ちゃん。出会ったお姉さんやお兄さんとはすぐに仲良くなっちゃうふたりなのですが、それでも「こばちゃん」を覚えてくれていて、指名してくれるなんて。驚きと感激で泣きそうになったことを覚えています。その時点で「やっぱり、両思いだ!」と再度確信したのでした^^
 

そこから今年の再会まで、彼女と彼女のファミリーと7回の撮影をご一緒させていただきました。

2歳だった彼女はすっかりお姉さんに。もう9歳。
お腹の中にいた妹ちゃんも、もう5歳。
 

今回は二年ほど時間が空いたので、より彼女たちの成長に驚かされました。でもいつもと変わらない笑顔で、「こばちゃん!」と呼んでくれるのは本当に嬉しい限り。


「また会いたい」その気持ちを大切にしよう。
「また会いたい」それなら気持ちを伝えなければ。行動しなければ。
そうやって突き進んできた結果、こうして大切な関係が生まれました。

今回、撮影後に彼女と妹ちゃんが私とみきちゃんに絵を描いてくれました。

実は、お写真の掲載が出来ないファミリーさまでしたので、絵を見た瞬間、あ!!!ブログを書こう、と思いました。思いを綴りたい。そう思いました。ママさんに、この絵って、ブログに掲載しても大丈夫でしょうか?と伺ったところ、どうぞどうぞ〜と快くご承諾いただけました。 可愛い二人の手と、絵とともに。私からの勝手な重めの愛を(笑)思いを綴らせていただきました。

いつも名前を呼んでくれてありがとう。
昔もいまも、ずっと大好きです!!

想いを綴ってきた撮影で出会ったご家族様とのブログ 


これまでも、「バタフライ」という、一つシリーズのように、お客様への思いを綴るブログを書いてきました。もちろん、私だけではなく、ライフスタジオのスタッフは日々お客様に向けて思いを、考えを、文章で綴っています。写真について書いている写真分析や、フォトジェニックなどもそうです。

その人のために、家族のために、どんな撮影をしたのか?どんな考えだったのか?
それを言葉にして伝えることをライフスタジオでは大切にしています。
 

「伝えるためにまず自分の思いや考えと向き合うこと」

「それをちゃんと言葉にして発信して、伝えること」

「続けていくこと」

始まりは「また会いたい」の実現を、という思いから。写真スタジオで「また」を実現させるのは実はとても難しいです。一年のうちのたった数時間。その一つ一つを見逃さないように、繋ぎ合わせながら一緒に時間を共にして、また、と、約束をするのです。
 私がライフスタジオ横浜青葉店に来てから、今年でまる8年の時が過ぎました。いろんな出会い、再会がありました。それに伴い自分自身にも、いろんな思いがありました。私にできることは、本当に些細なものしかなくて。それでも、「また会えて嬉しい」をつなげて行くために、日々心には緊張と楽しみを抱えながら、出会いを大切にして来ました。それが私たちがいるこの場所の最高の醍醐味だと思っているからです。

 

そして、できれば新しいメンバー達にもそんな風に一つ一つの出会いを大事にしてほしい。そんな思いから、再度バタフライという名前を一つのきっかけに、こうやって思いを綴り伝えることをスタートさせることになりました。思いを体現していく方法は様々です。自分の方法があれば一番です。でも、私はこのバタフライが一つのきっかけで向き合えたものが多くあります。少しでもいい。お客様にはもちろん、一緒に働くメンバーにも、少しでも、思いが届けばいいなと思います。

私はとても不器用で、天才的なセンスもなければ天才的なおしゃべり技術もなければ面白さ文章力も誤威力も、、、そんなにありません。でも誠実に、不器用でも、向き合うことから逃れずにまっすぐコツコツ進むことで、大切な関係を繋いでで行くことができるのだと考えています。

いろんな人のいろんな関係を見ながら。
いろんな出会いを経て。
今の私がいます。

大切なことに気がつき、自分の中で少しでもこうして思いを伝えることができるようになったことを嬉しく思います。今回お話したファミリーも、これまでお話させていただいたファミリーも。様々なきっかけがあって今があります。でもきっかけは自分の一歩から始まることが多いです。

改めてスタートするきっかけの一つ目の投稿、Mファミリーにも感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
また会えて、嬉しかったです。

ライフファミリー


「あなたに会えてよかった」
これはお客様と私たちとの宝物のような出会いの記録。

このかけがえのない関係がこれからも続くように願いを込めた、私たちからのラブレターです。


【ライフファミリーの一覧に戻る】

この記事をシェアする