ライフファミリーLife Family

Reprise [ライフスタジオ所沢店 Kudo Satsuki] -158

投稿日:2021/7/21     更新日:2021/7/21

268 0

Reprise (for Yukawa family)


あ、そうだった。撮影だった。 出会いは突然。

所沢店に3年もいると、何年も所沢店に通ってくださるお客様によく出会います。所沢店の歴史は10年以上。ライフスタジオ初期からある店舗で、オープン当初から所沢店のファンのお客様もたくさんいます。2年前に所沢店のスタッフが総入れ替えしたときに、長く来て下さるお客様には驚かせてしまったと共に馴染みのスタッフがいないという悲しさを感じさせてしまったかもしれません。私はライフスタジオではベテランでも所沢店ではまだ2年しか経歴がないので、撮影の雰囲気やペースなどで戸惑わせてしまうこともあったでしょう。それでも所沢店に未だたくさんのお客様が大切な記念に来ていただけるのはとても有難いことであり、私たちは毎日精一杯お客様の想いに応えようとしなければと思い、撮影に入ります。

2017年のことです。
私たちを一際じっと観察していたのが、八鍬ファミリーでした。カウンセリングをしているときに、観察しながら会話の中にどこか隙があれば何かしら面白いことを詰め込みたい…と言わんばかりに、ママがうずうずしているのがわかりました。カウンセリングをしながら、「なんだろう?」とソワソワしていながらそれでも撮影の話を続けていると、子供たちが子猫のように人懐っこく絡んできます。なんだか、良い意味で異様な空気感といいますか、なんといいますか。とにかく出会いはそんな印象でした。

八鍬ファミリーは10年以上もライフスタジオへ通ってくださり、長男のれん君が赤ちゃんの頃から来てくださっています。だから、ライフスタジオのことを信頼してくださっているのはわかりますし、ライフスタジオをただの撮影の場ではなく、楽しむ場だと理解してくださっているのが、撮影を始めてすぐに感じました。
ノリがいいのは家族写真だけではありませんでした。子供たちのソロ写真を撮る時に、スイッチが入ったかのようなモデルモード!!効果音で表現するならば「ズギュゥゥウーン!!!」というような、まるで電撃が走ったかのような衝撃!!

いやー、なんだろなこの家族。なんて笑いながら、話していると波長が合いすぎる事実か発覚。なんと家族全員が、「ジョジョラー」!!※ジョジョの奇妙な冒険という漫画のオタクのこと。
ライフ切っての「ジョジョ女」である私は鼻血が出るくらい食いつきまくり!「そうそう、第2部でワムウがね。うん、第4部の億泰のシーン泣けるよね。」なんて、仕事中には絶対にしない会話をお客様としている私がいました。笑完全に仕事だということを忘れていました。 

普通はここで撮影が終われば、また次の撮影までさよなら。ですが、2017年の年末に唐突に八鍬ファミリーからの連絡。
「工藤さん、たくみさん、ジョジョの脱出ゲーム一緒に参加しませんか?」
これには二つ返事で「行きます!」と返し、2018年1月3日の新年明けたての日に、八鍬ファミリーと脱出ゲームに行くことに。それぞれジョジョのキャラクターになりきり、協力して謎を解いていく中でパパさんがポツリ。
「うん、なんかいいなぁ~…。いいよね、こういうの。」
たくみはこのときのパパの発言が忘れられないと言っていましたが、私もこの瞬間何かが結びついたような気がしました。そのあとは、寒空のオープンカフェで皆でくっつきあいながら、ジョジョ話に花を咲かせました。そのときのそれぞれのイキイキした顔と言ったら…

傍から見たらただのオタクの同好会ですが、私には八鍬ファミリーが最初うずうずしていた理由も、ここでハッキリわかりました。八鍬ファミリーは、ライフスタジオのスタッフの人となりを見て接しようとしてくれたんだと、一線を引く人かどうかを観察していたんだと思いました。だから、八鍬ファミリーは皆さん私たちのことをちゃんと人として見てくれますし、当たり前のように友だちとして接してくださいます。

今月に撮影に来てくれたときも、カウンセリングで世間話をしすぎて「あ、そうか。撮影しなきゃ。」と我に帰るまでずっと話していそうな感じでした。たくみは、八鍬ファミリーの影響でこの一年すっかりジョジョにハマり、いろんな仕掛けを作り準備万端で撮影に臨みました。その結果、家族写真であまり笑わないパパの自然な笑顔を引き出すことに成功。撮影なのに遊んでいるような、そんな理想的な雰囲気で撮影をすることができました。

思い返してみると、八鍬ファミリーは私たちにスタッフとしての一線を求めてはいないし、純粋に私たちに会いに来てくれているのです。それは確信します。なぜなら、撮影でスタジオに来ていることを忘れるほど楽しんでくださるからです。ジョジョという繋がりがなくとも、きっと人として繋がってくださる方たちで、それは私たちが来る前の所沢店メンバーが八鍬ファミリーと関係性を作ったから、八鍬ファミリーはライフスタジオを人としていられる場所として認識してくださっているんだと思います。

そして、そういった期待と楽しみにもっともっと応えたい。これからもずっと八鍬ファミリーと繋がって、この関係を大切にしていきたいと思う私がいます。ライフスタジオがどうとか、私がここにいる間は、とか関係なく、です。
【人として、ずっと繋がっていきたい。】
心からそう思います。私たちが諦めなければ、関係は続いていきます。だから、私がどこにいても、どんな人になっても、ずっとジョジョの話に花を咲かせましょうね。

れんとなぎは、これからどんな成長をするのかな?反抗期でも会ってくれるのかな? いつかパパとママのカップル写真も撮りたいな。

なんて書いたのが2018年の今頃。2019年は、ママさんがLINEで「今から予約取りまーす!工藤さん、その日の撮影終わったらお時間ありますか?」そんな言葉から始まりました。

たくみが退職し、八鍬家とのLINEは子どもたちは「たっくんくるよね?」と賑わっていたので、来店したらがっかりさせないかなと若干不安でしたが、来店して早々、「知っているよ!たっくんいないんでしょ!」あら、大人(笑)そして、パパさんからは「我が家のカレンダーを発注したんですが、工藤さんにも買わなきゃと思って~」と思わぬプレゼント!!!開けてみたら、、、バァァァァーーーーーーンンッ!!!!!これはディモールト・べネ(すごくいい)な品物!!ジョジョカレンダーをいただいてしまいました~~~~~~!!!!嬉しいぃ~~~~!!!


いや、もうカウンセリングの時点からジョジョオタのオフ会みたいになっていますが、こういったものを購入されるときに、私のことを考えてくれているなんて…。一年に一回しか会わないのに…。感涙…。
ようちゃんともすっかり仲良くなり、今回も楽しい時間はあっという間で、そのまま一緒にお好み焼き屋さんに行くことに。

こどもたちとは、ジョジョのアプリゲームの話。ママとパパとは、この一年間の話。本当に1年ぶりの再会だったので、この1年で八鍬家にいろいろあって、だけどこどもたちは元気で、私たちもいろいろあって、たくみが退職して、でも今回ようちゃんが一緒に入ってくれて、今ここで笑って、話しても話しても時間が足りなくて、またすぐに会いたくなってしまう。

だから私たちは約束しました。「2020年のゴールデンウィークは、一緒にジョジョ脱出ゲームに行こう。絶対だよ。」

この約束、絶対に果たします。また、5月に会う日までアリーヴェデルチ(さよならだ!)。
追伸:その帰りは車中でみんなでジョジョカラオケしました。
ちゃんちゃん♪

ライフファミリー


「あなたに会えてよかった」
これはお客様と私たちとの宝物のような出会いの記録。

このかけがえのない関係がこれからも続くように願いを込めた、私たちからのラブレターです。


【ライフファミリーの一覧に戻る】

この記事をシェアする