ライフファミリーLife Family

【ライフファミリー114】“今”の出会いは、“未来”に繋がっている。(Kobayashi Kaori)

2019/8/2

238 0


“今”の出会いは、“未来”に繋がっている。

- Hatakeyama Family -



 

毎日の出会いが奇跡。

それを当たり前のようにするのではなく、大切にすることで。次の嬉しい再会が未来に待っています。5年ぶりの再会は、きっと出会いを大切にしたからこそ、訪れたもの。それを考えると、改めて、毎日の出会いの奇跡を、もっともっと大事にしようと思うのです。

【お互いに会いたいと思い合う喜びと、そのために必要なことを、改めて感じさせてくれた、ご家族】

 History  


毎日たくさんの出会いがある中で、いつも大切にしていることがあります。それは、出会った瞬間、玄関の扉を開けた瞬間に全員とまずは目を合わせることです。当たり前ですが、全員と目を合わせること。大事にしています。パパさん、ママさん、子供たち。その表情や反応を見て、お部屋に入ってもらった後、アプローチを開始します。どんな子なのかな?どんな、ファミリーなのかな?お部屋に入ってすぐ元気いっぱいパワー全開な子もいれば、恥ずかしそうにしている子、泣いちゃう子、いろんな子がいます。撮影を進めていく中で、探っていくのはもちろん、最初に出会った時にしっかりと向き合うことを大事にしています。怖がられることももちろんありますが^^

そんな中、私には忘れられない出会いをした女の子がいました。

初めてのライフスタジオのご来店。5歳の女の子。そのほかに情報はない中で、会えるのをワクワクしながら待っていると、玄関のチャイムがなりました。

 

はーい!と扉を開けた瞬間。
「○○○○(フルネーム)です!よろしくお願いします!!!」
と、いきなりの勢いある自己紹介。笑 ものすっっごく元気一杯な女の子がそこにはいました。彼女の心の辞書には「人見知り」という文字はなく、とっても明るくておしゃべり大好きで人懐っこい子でした。

彼女のおしゃべりは彼女の世界観がものすごく強くあり、話せば話すほど彼女の世界にどっぷりハマっていったのをいまでも記憶しています。撮影はお腹がよじれるほど笑いながら楽しい時間がすぎていき、その日のお客様のメモには「とっても面白い可愛い女の子です!^^」と書き残し、また会えたらいいなあと思っていました。

5年後。
ハーフ成人式の撮影の予約が入り、指名をいただきました。名前を聞いただけで、玄関を開けたときのハキハキ元気な女の子の笑顔と声が蘇ってきました。

また、会える!!!!!予約が入ったその瞬間からそわそわしていました。5歳だった女の子が、10歳に。天真爛漫だった彼女は、どんな女の子に成長しているのだろう?
5年も経つと雰囲気も変わっているのではないか、と少しドキドキしていました。敬語で話されたらどうしよう、とか。よそよそしい感じだったらどうしよう。まあ、それも成長の一つなんだけど、でも、、、とドキドキ。

そして、その日が来ました。先に彼女たちファミリーをお出迎えしてくれたのは、今回一緒に撮影に入ってくれたさきちゃんでした。前回の撮影の時の話を、さきちゃんには事前にしていたのですが、お出迎えをした後私にこう報告してくれました。「こばちゃんから聞いた話の通りの、印象です。めっちゃ、可愛いです。ハグしました。(笑)」そして私も遅れて部屋に向かうと、そこには背も伸びて大きくなった彼女が。まっすぐ目を見つめながら、「久しぶり!!」と「覚えてるよ!」と、言ってくれました。その笑顔と話し方にはものすごく覚えがあって、出会った瞬間、手を広げてハグ。彼女も、手を広げた私の胸に嬉しそうに飛び込んできてくれました。こうして、変わらない笑顔の彼女に再会できました。

いろいろ話をしていると、パパさんママさんから嬉しいお言葉をいただきました。「ずっと、青葉にまた行きたいねって話をしていたんです」と。 再会できたら、と私も思っていたので、とても嬉しかったです。

彼女は本当に大きくなっていました。将来の夢は「科学者」なんだそうで、自前の白衣を持ってきてくれました。それを聞いたさきちゃんは、「瓶に色水入れて実験っぽくしましょ!」と色々準備をしてくれました。本なども並べて、いかにも科学の研究に追われて忙しい、けど楽しい!みたいなイメージの写真を撮りたくて。彼女にもそのように伝えると、表情まで演技をしてくれました!

その写真がこちら。

 

あー忙しい!!忙しい!!みたいな。笑

一挙一動が面白くて、可愛い彼女。そして周りは笑いで溢れて行きます。その現場の雰囲気に、ああ、5年前もこんな風に撮影していたなあと思い出しました。人見知りもなく、出会った人は皆友達!!という彼女の天真爛漫さに、私はまたどんどん引き込まれて行きました。大人っぽい雰囲気も、笑顔満開の雰囲気も、真剣な表情も、全てがいまの彼女。でも、やっぱりイメージが一番強いのは笑顔全開の写真。

 

笑顔です^^
この写真、何しているかというと前ボケとして使用している草の中にあるオリーブを、彼女がめっちゃ引っ張って遊んでいる瞬間です。オリーブ!オリーブ!と楽しそうに叫ぶ無邪気な瞬間。
この笑顔が本当に大好きだなあ、と感じました。

青葉に戻ってくる5年の間に、彼女は他の店舗にも行ってくれていて、その中でも草加店では男性スタッフをはべらせていたというエピソードはなかなか面白かったのですが。笑※ウンピョさん、五明さんに話をしたところ、やっぱり彼女を覚えていました^^

いろんな店舗で楽しい思い出を作りながらも、いつかは青葉店にまた行きたいね、と話して、覚えててくださったことが、本当に嬉しかったです。きっと、もっともっと大きくなって、お姉さんになっても、彼女は変わらない彼女のままでいるんだろうなあと思いながら。また「今」の彼女の成長を一緒に記録するお手伝いができたらな、と思います。

ゲストストーリーにはこんな写真が。

 

【立場逆転】(笑)

見た瞬間笑いました。まさか激写されているとは。笑 嬉しいコメントも添えられておりました。

おそくなって申し訳ありません。
3/2に伺った際の撮影中の1コマです。
本人もとても楽しかったようで、次を楽しみにしています、
もちろんこばちゃん指名です。

また、彼女の笑顔に会える日を、今から楽しみにしています。
書きながら、もう会いたくなってます。笑

 

 Important thing 


5年ぶりの再会。出会えたことも奇跡で、そして再会できたことも、また奇跡。でも、毎日の出会いを大切にすることで、きっとこうして嬉しい再会の奇跡を起こすことができるのかもしれません。玄関を開けた時、目を合わせ、笑顔を交わしたあの瞬間から。
互いに心に残る一歩を、踏み出していたんだと思います。

当たり前のことを、大事にして行くこと。
当たり前のことに、慣れないこと。

毎日の出会いは、当たり前ではありません。大切な、一生に一度の瞬間。「今」を一緒に、大切に過ごし、私たちができる最大の力でしっかりと空間を作り、写真に残していけたらと思います。その思いが、きっと「また、あの店舗に行きたいね」を生み出し、「あの人に会いたいね」に繋がって行くのだと思います。特別なことを大きくする必要はなくて。当たり前の日常を一緒に特別に変えられるようにしていきたい、と。改めて強く思うようになりました。

昔の自分が、今をつなげてくれている。
きっと今が、未来に繋がっている。

そう思うと、明日の出会いも当たり前ではなくて、大事に大事にしたいと思うのです。こうして書き起こすことで、また改めて気が引き締まります。再会した時に、またたくさん笑って、最高の写真を残してあげられるように。まだまだ私も成長しなければ。そう、強く思います。ありがとう。また、いっぱい話そうね。そして、覚えててくださって、ありがとうございました。また、また、絶対。会いましょう。

次回、まだ夢が変わっていなかったら、サイエンスセット用意しておこう。笑


またね!!!

 


 

Kobaさんのブログはコチラから‼

▶Kobaさんのいる店舗はこちらライフスタジオ横青葉店です。

ライフファミリー


「あなたに会えてよかった」
これはお客様と私たちとの宝物のような出会いの記録。

このかけがえのない関係がこれからも続くように願いを込めた、私たちからのラブレターです。


【ライフファミリーの一覧に戻る】

 

この記事をシェアする