殿堂入りHall of Fame

【殿堂入り066】Y Family(Kobayashi Kaori)

2018/11/27

211 2

 結ぶ

- Y Family - 


出会いを重ねることは、どれだけ奇跡で、嬉しいことなのでしょうか。
私は彼女に出会う前から、彼女のファンでした。
【関係を結ぶための大切な気持ちを、教えてくれた】
この関係を、大切に綴らせていただきたいと思います。

 

History


彼女との出会いや、彼女については、以前BLOGにて書かせていただきました。
https://www.lifestudio.jp/studio/yokohama_aoba/staff_blog/5112152/146414
篠原さんから、託された出会い。最初は、ただただ私は彼女のファンでした。Volvoさんが撮った写真の印象が強く、最初に撮影に入ったときの緊張は今でも忘れられません。篠原さんとyuiちゃんファミリーの絆の深さが、当初本当に羨ましく思っていました。仲睦まじい、しのさんとyuiちゃんを見ながら、今思えば、最初はまだ“しのさんの大切なお客様の撮影”それだけだったかもしれません。でも、出会う前に見た写真で既にyuiちゃんのファンになっていた私は。全力で私ができる全てを出そう、その気持ちでいっぱいでした。撮影できること、こうして出会えたこと、接点を持てたこと、全てに感謝して。ちゃんと【自分】で向き合おうと思いました。

私が撮る写真を“等身大のyuiだなあと思う”とママはいつも言ってくれます。毎年会えば、yuiちゃんは相変わらずかわいくて、かわいくて。それでも1年たてばどんどん成長していくその変化を、私の視点で、表現で、ちゃんと残したい。その一心で毎年シャッターを切ります。彼女はモデルが上手で、周りの人への気遣いも出来る優しい女の子です。言われた通りになんでもやってくれますし、少し難しくても、笑顔で大丈夫、と言う子なのです。なので私の声掛け一つ、指示ひとつで、彼女を大きく変化させることが出来ます。反対に言うと、私が何もできなければ、彼女の魅力を伝えることが、残すことが出来ないのです。毎年、毎年、彼女に会うことがとても楽しみで、とても心臓がドキドキします。今年はどんな風に撮影しようか?

毎年撮影する大切なご家族がいるという事は。私自身も1年の変化を見せるときなのです。
“楽しんでほしい”“ “喜んでほしい” その時間、瞬間を大切な思い出として残せるように。私はいつも撮影をドキドキしながら楽しんでいます。そして、私はそういったときほどテンパりやすく…いつもその支えになってくれる、コーディの存在も大きいです。私のドキドキがこぼれないように、考える時間を作ってくれたり、空気を作ってくれたり、提案をしてくれたり、私の思いを汲んでくれる。大切な撮影ほど、一緒に同じ視点で、気持ちで、支えてくれる誰かがいることは大きいのです。私が私として、大切なものに向き合えるのは。大切にしたい人と、それを一緒に大切にしてくれる人がいるからだと思います。私のテンパりや、たまに言葉が出てこなくてよく分からない指示を(笑)いつも受け止めてくれて、ありがとうsakiちゃん^^

Important thing 


【関係を結ぶための大切な気持ちを、教えてくれた】絆に憧れ、“私も”と思わせてくれたご家族です。最初は、もしかしたら私の印象は薄かったかもしれません。でも、毎年の出会いを楽しみに、そこに“自分”を投げ出して向き合うことをあきらめなかったから。しのさんと誰か、ではなく、“私”がyuiちゃんファミリーの中に少し入ることが出来たのかなと思います。ご家族よりも、yuiちゃんよりも先に、私が、彼女たちの特別になりたいと願っていたのだと思います。5月に撮影に来てくれたあと、ママさんからメールが届きました。

昨日は撮影ありがとうございました!
ゆい、車に乗ってすぐにしくしく泣き始めて、、もっとこばちゃんと一緒にいたかったと話しました、、
絵本を読んでいたのは寂しさを紛らしていたのだそうです、、
こばちゃんにまたしばらく会えないの?と何度も聞かれました.....

もう何ともかわいすぎて、今すぐにでも会いたい気持ちにいっぱいになりました。最初はもしかしたら私の片思いだったかもしれませんが、今は両思いだと胸を張って言えると思います。また必ず会いましょう。出会いを重ねましょう。そして、また笑顔で思い出をたくさん作りましょう。私はまた、1年、腕を磨いて待っています。

Kobaさんのブログはコチラから

▶Kobaさんのいる店舗はこちらライフスタジオ横浜青葉店です。

【殿堂入り】

Butterflyから選ばれた殿堂入り


大切な家族へ宛てた私たちからのメッセージ。
ただ単に撮る人、撮られる人ではなく、
「あなたに会いに来ました」と言えるような関係が増えていくことを願っています。

 


【殿堂入り一覧に戻る】

 

この記事をシェアする