Staff BlogYokohama Aoba

Kaori Kobayashi
横浜青葉店

小林香織

はじめまして!

小林なので“koba”と呼ばれてます^^
おばちゃんではありません、こばちゃんです^^

出身は愛知県です。

2011-2013.06名古屋・日進店
2013.07-2017.03横浜青葉店
2017.04-2018.03新横浜店
2018.04-・・・横浜青葉店

ほぼ神奈川にいます^^

写真を撮りながら、いつも、未来に届ける写真を撮りたいと思っています。

今だけの姿、空間、繫がり、匂いまでも。

記憶を呼び起こす、写真。

未来でもまた写真を通してたくさんの記憶を呼び起こし、
そして話をしながらまた思い出を作って、家族の時間をつくってほしいと思います。

大切なものが、つながって、届くように。
そんなお手伝いが出来たらと思います。

メガネがトレードマークです!
よろしくお願いします!

《 Butterfly21 》言葉にして伝えること

2018/12/31

277 2

言葉にすることの大切さを感じる瞬間は多くあります。

誰かに何かを伝えたいと思った時。
誰かに何かを伝えられたとき。

考えたり、思ったりする事は自分の中でたくさん出来るけど、
それを表にすることで頭の中で思っていた以上に強い思いになったりするものです。

実感して、確信に変わるのです。

わたしはこの仕事を通して、そういったことを慣れる事なくいつも、ひしひしと。感じています。

伝える事の大切さ。そして相手から思いを言葉でもらった時に、繋がった確証を持つことが出来るのです。

 

彼と、彼のファミリーとの出会いは、私たちが大切にしたい思いを、実感させ、確信に変えてくれました。


【思いを伝えあうことの大切さを教えてくれたfamily】

《History》


今からお話するファミリーは、1歳の記念で初めてライフスタジオを訪れてくれました。

私は撮影でカメラを持ち、荒さんはいつものハイテンションでコーディネーターとして入ってくれました。

彼は愛称で「しゃんしゃん」と呼ばれており、その呼び名が可愛らしい彼になんともハマっていて、
私と荒さんは何度もシャンシャーン!と叫びました。

可愛いまん丸の瞳で、私たちをじっと見つめて、特に近くで遊んでくれる荒さんにしゃんしゃんは釘付け。
荒さんの動向をじっと見つめ目で追いかけて、
最終的に本当にトコトコ追いかけている姿がなんとも可愛くて。

いつものように楽しみながら撮影はどんどん進んでいくのですが、
撮影の合間にパパさんママさんはたくさん言葉を下さいました。

初めてのご来店で、おそらく戸惑いや不安もあったかもしれませんが、
楽しい、嬉しい、素敵、となんども言葉を投げかけてくださり、

言葉は空気になり楽しみになり喜びになり。

そうしてみんなで撮影を作っていきました。

写真を見たあともとても喜んでくださり、
最後まで私にも、荒さんにも、一人一人に言葉で感動を伝えて下さいました。

私たちはパパさんママさんのまっすぐな言葉を受け、泣きそうになりながら。

また絶対会いたいね!と撮影が終わったあと何度も話をしました。

その後、ゲストストーリーや年賀状でもうれしい言葉を頂きました。

アネティスの表紙に選ばれた時も真っ先に荒さんから連絡をもらい、
ああ次は会える日はいつかないつかなとそわそわ。

そして1年後、2歳になった彼と、変わらない笑顔のパパさんママさんに再会しました。

できることが増えて大きくなったしゃんしゃん。
もう彼はしゃんしゃんと呼ばれていなかったのですが、私と荒さんは連呼しまくり。

そして変わらず私たちのこと、撮影のこと、
このライフスタジオという場所をたくさん褒めてくださるパパさん、ママさん。

「本当にみなさん暖かくて、想いが伝わってくる。
私たちを想って、大切に写真を撮ってくださってるのがよくわかる。
ほんとうにライフスタジオにはステキな人ばかり・・・」

そんな温かい言葉を、いつもまっすぐ、丁寧に伝えてくださいます。

一つ一つの言葉をもらうたびに、 嬉しくて、また、泣きそうになって。

私たちが大切にしていることは、これなんだと実感できると同時に。

当たり前のようになっていることも、勿論日々の中にあって。

だけどその一つ一つをちゃんと考えて、毎日の出会いを大切にしなきゃなと思います。

 

言葉で伝えられたうれしい思いは、言葉と最大限の思い出と写真で繋いで。

そしてまた思い出を重ねるお手伝いができるように頑張ろうと気が引き締まります。

私が新横浜で荒さんと働いたのはたった7ヶ月ほどです。

その中で出会った家族とこうして繋がり、
一緒に出会いを楽しみにできる関係が繋がったことを、ほんとうに嬉しく思います。

 

《 Important thing 》


最初に書いた通り。

言葉で、ちゃんと伝えることはとても大切です。

私たちは写真という一つの方法を通してその思いを伝え残していきますが、
その意図や思いは、言葉や文章で常に伝えていく必要があります。

それが私たちが写真を残すことと同じくして大事な使命なのだと思うのです。

思いは行動になり、言葉になり。
行動は空間になります。

そうしてつながっていく事は、人と人が出会って初めてできることで。

この場所でできる、関係性を生みだす最大限の強みなのだと思います。

 

たくさんうれしい言葉をもらいました。

たくさんやさしい気持ちに触れました。

 

一年にたった一度。

それでも、人生の中で大切な時間を一緒に過ごし、
思いを伝え合うことができる存在は、私たちの力になります。

 

これからもきっと再会するたびにキラキラした瞳で私たちを見つめてくださると思います。

私たちも同じ思いで、家族の今を見つめ、残していけたらと思います。

大好きなファミリー。

再会できたこと、とても嬉しかったです。
次回も是非。

みんなでたくさん笑いましょう、思いを言葉にして伝えあいましょう。


胸を張って思いを伝えられるように、私たちも頑張ります。

 

 

 

大切な家族へ宛てた私たちからのメッセージ。ぜひこちらもご覧ください。

【殿堂入り一覧へ】

 

この記事をシェアする