PhotogenicYokohama Aoba

その子らしさ

2019/12/31

314 0

Photo by Natsuko Takagwa
Coordi by Kaori Sasaki

「ポージング」
それが今回5店舗共通で決めた、課題のキーワードでした。

その子らしさを表したポージングにしたい、と悩めば悩むほどドツボにハマっていました。

あくまでその子が元々持っている魅力をより引き出すために、写真の構成要素を決めていきたいのに、指示を出しすぎることでその子を固くさせてしまったり、

出来る限り自然に、、、と思い仕草に見えるポージングにしようとしても、言葉が指示だけであれば、どこか固くなってしまいます。

それでも「重心をずらす」「関節を3箇所以上曲げる」などの公式を当てはめると、いくらか柔らかくなります。

しかし、そこで私はまた悩みます。
「私が魅力的に感じたその子の表情を、ここからどう引き出そう?」

色んな構成要素がありますが、表情もとても大きな割合を占めると思うのです。


私が最初に参考画像としたのは、女の子が片足を前に軽く上げて楽しそうに微笑んでいる写真でした。

私は子供のストレートな感情が好きです。
「楽しい」「わくわく」「好奇心」。
静かな写真も好きですが、子供の楽しいが伝わる写真が撮りたかったのです。

そのため、より感情がストレートな低い年齢の子で、指示じゃない言葉かけをして、写真を撮りたいと思っていました。

 

この子は最初から、何でも楽しんでくれる子でした。
お兄ちゃんのことが大好きで、ちまっとした仕草と笑顔がとっても可愛い子。

その可愛さを残したくて、どう仕草と表情を出すか考えます。
この子だったら、脚立を出したら登ってくれると思い、衣装に合ったインテリアに脚立を設置します。

登って片足が上がったところでシャッターを切ろうと決めました。
参考画像もそうですが、片足を上げると重心がアンバランスになり、自然に見えます。
また、重心がグラグラすることで表情も思わず出るため、力の抜けた笑顔になることが多いです。

この子が実際に登り始めたとき、嬉しい想定外がありました。
それはかおちゃんがその子のポケットに入れてくれていた眼鏡を手に握り締めていたことで、
手が塞がっていたため、肘からした全てを脚立に置き登ろうとして、重心がよりズレ、お尻が予想よりもっとぷりっと出たこと。

この子らしい可愛い仕草と表情が出た瞬間でした。
 

赤ちゃんでも、小さい子でも、年齢の高い子でも、その人が持つ魅力を適切に美しく残せるように、写真と人と、より向き合っていきたいです。
 

この記事をシェアする