Staff BlogKokubunji

yukari osada
国分寺店

長田由夏里

ハナミズキ

2013/4/30

90 2

「ハナミズキの花」

私の好きな花です。4月から5月に咲くハナミズキの花

今ちょうど街路樹として咲いていますね♪

赤、白、ピンク いろんな色があります

このハナミズキの花はいつ頃から日本にあるのかご存知でしょうか?

私はこのお話をデイサービスで働いていた時に90歳の方から教えていただきました。

1912年当時の東京市長であった尾崎行雄さんが、アメリカワシントンD.Cへ桜(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼としてアメリカのタフト大統領から40本のハナミズキの苗が贈られてきました。日米友好親善のシンボルになっています。

一青窈さんが歌っている「ハナミズキ」にも平和の思いが詰まっているのはご存知の方も多いかと思います。
9.11のテロ事件をうけて平和を願い作られた歌です。

「君とすきな人が100年続きますように」

好きな人のその好きな人までの幸せを願ってほしいという意味だそうです。

この花が咲くたびに「平和」である幸せを実感すると共に、世界で起こっている争いに心が痛くなったりもします。

私はたくさんの高齢者の方から戦争体験を聞きました。その話をしてくれる人も高齢になりこれからのお子さんは直接話を聞ける機会もすくなってくると思います。 

そんなことを考えていると私はこの二つの花みたいな人になりたいなと思うのです。

「人と人を繋げるような存在」

「子供と高齢者をつなぐ橋になれないだろうか」

自分がやるべきことがまた一つみつかったように思うのです

 

ハナミズキの花を見かけたときは平和について考えてみるのも意味のあることですよ♪

 

この記事をシェアする