Staff BlogKokubunji

yukari osada
国分寺店

長田由夏里

横浜遊び方研究会

2016/10/31

191 0

横浜遊び方研究会に参加してきました
子供の医療や障害に関しての講義と
子供にとっての遊びの必要性を学んできました
ワークショップもあり、子供とおなじように本気で遊んでみるということをしました。
大人6人が椅子にも座らず、服を汚すことも気にせず遊ぶ。 むかしはあたりまえに遊んでた感覚を思い出すかんじでした。

遊びで楽しむことというのは、
5感をつかっていかに楽しむかということなのかな?とふと思いました。そして遊びには終わりがないということを再認識しました

そういえば昔は絶対魔法が使えると思ってたし、いつか空は飛べると確信してたのに、
大人になるにつれてそういう発想もいつのまにかなくなっちゃったなーとか思う。

子供達の遊びたい欲求は病気をしてても障害があっても同じということ。

自分になにができるかはまだわならないけど
模索しながら、できることをみつけて地域で楽しいことをしたいなと思いました。

ボランティアの必要性も同時に感じたので次世代ボランティアへつながる活動かんがえてみようとおもいます
 

この記事をシェアする