Staff BlogKokubunji

TANTAN
国分寺店

tansho

一児の母になりました!
ママさんパパさんとお話するのがこれまで以上に楽しみです♪

撮影の時間自体が
楽しい思い出になるように
心に残る
あたたかい写真を撮っていきます。

よろしくお願いします♪

赤ちゃんのハンドサインの話

投稿日:2021/11/18

270 0

「ベビーサイン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

赤ちゃんが使うハンドサインのことで

まだ言葉を話すことができない赤ちゃんが

ハンドサインを使ってコミュニケーションを取ることができる方法です。

 

以前、国分寺店では、国分寺を中心にベビーマッサージ教室や親子サイン教室をされてる「しあわせつむぎ」さんとコラボレーションして、イベントを行ってました。

そのつながりで、私自身に子供が産まれて生後半年ごろに、親子サイン(ハンドサイン)を教えていただきました。

 

基本的なサインを教えてもらい

◯授乳のサイン

◯おしっこ出たよのサイン

◯「もっとちょうだい」のサイン

◯眠いよ〜のサイン

◯動物のサイン(鳥さん、わんちゃん、お魚、キリンなど)

 

サインを見せながら

おしっこでた?

とか

これはお魚さんだよ

あれは鳥さんだよ

と声かけをしてあげます。

 

最初にサインを出してくれたのは

生後8ヶ月ごろに「おっぱい欲しい!(授乳)」のサインを見せてくれて、本人もこれ便利じゃん!と思ったのかめちゃめちゃサイン出してました笑

 

1歳ごろにテレビを一緒に見てたら

魚が映って、娘が手をひらひらと…

あ!魚のサインしてる!!!と気づきました笑

 

鳥のサインも同じ頃に覚えてくれて、

教わった当初は「鳥のサインなんて使うのか?」

と思ってましたが、

街中に鳥めちゃめちゃいるんですよね。

世の中にこんなに鳥っているんだと改めて驚きました。

鳥の声が聞こえると鳥のサインを見せてくれて

そうそう、鳥さんあそこにいるよ

とコミュニケーションを取れて楽しいです。

 

最近「もっと食べたい!」のサインを覚えて

夜寝る時、

あと少しで寝る〜〜ってときに「もっと!」のサインを見せてきて

「え?お腹すいたの?」と聞くと

笑顔でキッチンに行ってバナナを指さしてました。

(一本丸っと食べました)

 

ハンドサインがなかったら、

眠くて泣いてるのかなぁ?

なんで泣いてるの?

と理由がわからなくて困ってたろうなぁと思いました。

 

なにより、

1歳からわりと具体的にコミュニケーションが取れるのがとても楽しいです!

 

興味ある方は、是非撮影でお会いした際に聞いてください〜!

この記事をシェアする