Staff BlogKokubunji

TANTAN
国分寺店

丹生阿里沙

丹生と書いて
「たんしょう」と読みます!
ご挨拶をすると
よくタン塩に間違えられます。
たんしょうです!

撮影の時間自体が
楽しい思い出になるように
心に残る
あたたかい写真を撮っていきます。

よろしくお願いします♪

10年経ってもあの時のままで

2019/3/29

273 1

先日、高校生の時の友人の結婚式でした!

なんと、新郎新婦どちらも高校の吹奏楽部!

ということで新郎新婦どっちも深く知る仲なので、大変楽しい式でした。

 

かく言う私の夫も同じ吹奏楽部の後輩。

不思議なことに私の高校は、この高校同士の夫婦が多く、

みんなこの高校大好きなんだな笑

と伺えます。

 

話はそれましたが、

私は高校の吹奏楽部に所属し、その中で、金管アンサンブルを行い、アンサンブルコンテストで金賞を受賞しました!

あの頃は、気が狂ったかのように練習する毎日。

部活で練習して終わって公民館かりて夜21時まで練習して・・・

その毎日は大変ながらも、今思えば大切な毎日でした。

 

そして、そのアンサンブルのメンバーの中で生まれた夫婦がこの二人。

余興はもちろん演奏です!

楽器をしばらくやっていないメンバーはピアニカで参戦。

金管アンサンブルのメンバーで思い出のコンクールの曲を吹き、

あとは「風になりたい」を演奏してサンバで会場全体盛り上げての演奏となりました。

 

いつまで経っても、会えば高校生のままでいさせてくれる。

私を楽しかった高校時代に連れてってくれるみんなのことが大好きです。

 

そして、こんな楽しい仲間たちと出会わせてくれた音楽には感謝感謝です。

 

2人の前撮り撮影も私が担当。

 

こうして、大切な友人の人生の節目に携われるのは

フォトグラファーの特権だなと思います。

 

心に残る最高の式をありがとう!

この記事をシェアする