Staff BlogKokubunji

ジョン
国分寺店

joung

2000年11月日本に来日。
2007年にライフスタジオの代表、李社長と出会い写真業界に入る。
2009年に現在の会社を設立。
lifestudio kokubunji 店open, 
写真日和原宿スタジオ、
Beyondbiyoriレンタルスタジオ運営

*座右の銘は「正射必中 」
 人間の条件として、「labor労働、Work仕事、action活動」が必要だと思っている。
*趣味はボクシング

生涯学習という概念をライフスタジオで再認識し、44歳で大学院入学
「早稲田大学院政治学研究科ジャーナリズム専攻 2020年3月卒業。
現在はフリージャーナリストとしても活動中。

休校中の過ごし方

2020/3/3

303 0

朝から子供達が遊んでいる声が聞こえる。

家の周りには休校をした子供達が元気に遊んでいるのをよく見かける事になった。

普段の週末の風景とはまた違う感じもする。

 

 

新型コロナ対策として始まった全国一律の休校は色んな賛否両論があるけど、子供達が元気に遊んでいる姿をみると町に活気が戻ったように感じる。

高校の息子も今日から休みに入っている。毎日やっていたラグビーの部活も休みだ。しかし、息子はこの休み期間中に4Kg体重を増やさないといけないらしく、一日何回、何kcalを食べて、何kmを走ったのかをアプリケーションで管理し、チームメンバーに報告するようになっている。

まだ顔も幼い感じだけど、確実に3月中には私の背を超えると思う。

 

今日久しぶりに息子とランニングをしてみた。

今月は休校している息子とできる限り一緒に走りながら自分も健康管理をしたいと思った。

私は体重が今86㎏なのでベスト体重からは18㎏も増えている。20㎏のお米を持ち歩いているような感覚なのに20年間ゆっくり増えたので自覚症状もない。

それが長距離を走ってみると明確に自分の体が重い事を自覚する。

いつもは休まずに走れた区間を何度も休んで走った。

息子は私に合わせる事が難しいらしく、先に走って去った。

見えない息子の背中を見つめて現実を実感した。

グラウンドでショットランもやってみたけど、もう走りであいつに勝つ事はもう無理だという事を分かった。

 

子供の成長は親の老化の尺度になるかな。もう少し頑張って体を絞り見た目は良い体系をつくる事は可能だけど、加齢そのものを防ぐ事はできない。

自分の体の全盛期はもう過ぎっている。

時間は自分を劣化した分、息子を成長させた。

少し寂しい感じもするし、少し嬉しい気分もする 今年の春だ。

この記事をシェアする