Staff BlogIchikawa

KATSU
市川店

望月克昌

「日々最善を尽くし変化・発展していくこと」

「ママ・パパ・子供達に楽しさ、感動、思い出を」

「スタッフに笑顔と元気を」

そして妻と娘に溺愛中

[美しさ]

投稿日:2021/10/31

163 0

「美しさ」

 

Photo by sb-kim

 

市川店では「被写体の本来持っている美しさを表現する」ことを目標に日々写真を撮っています。

「本来持っている美しさ」を表現するために被写体そのものありのままの姿を色んな視点、角度から切り抜いてみたり、わざと何かをさせてみたり、撮影中に試行錯誤を繰り返しながら写真をまとめています。

 

「本来持っている美しさ」の表現の1つとしてよく撮られる写真は笑顔写真だと思います。お客様自身も望んでいる写真であり、私たちカメラマンも必ず残してあげたい1枚です。

カメラマンによっては75カットをほぼ笑顔写真で構成するくらいの方もいるほどです。

 

昔私も笑顔を多く残してあげたいと思っておりたくさんの笑顔の写真をお渡ししていました。しかし、ある時から原点を考えるようになりました。

ライフスタジオが追求している写真は何か。それは笑顔写真を追求しているのではなく「被写体の本来もっている姿を表現すること」である。

笑顔写真に固辞するのではなく、被写体そのものが既に美しいという概念のもと撮影していくと笑顔以外にも美しさは表現でき、美しさは多く存在していることがわかります。

 

今回の写真は笑顔の写真ではありません。目線もカメラ目線ではありません。ただ女の子が雑誌を読んでいるだけです。でもこの写真を見て美しいと感じます。

もちろんカメラマンとして日々鍛錬してきた技術がそこにはつめこまれていますが、重要なことは「何をしてもいつも被写体は美しい」ということ。

私たち市川店は日々美しさを表現するための努力を惜しみません。

この記事をシェアする