Staff BlogChiba Forest

Oi chan
千葉フォレスト店

Yuko Oikawa

文を書いたり表現するのが、あまり得意ではありません(汗)
このブログを通して、書くことで伝える楽しみを見つけていけたらと思って日々を綴っています。

写真業界に携わり13年目をむかえようとしています。

この仕事を選んだきっかけは、
誰かの”今”を残すお手伝いができる、なんて良い仕事なんだろうと思ったのが始まりでした。

その思いは今も変わっていません。

出会えたすべての人に感謝です。

只今絶賛、ダイエット中です。(プロジェクト5月のクリスマス)5月までにマイナス20キロ目指します!!
こちらも宜しくお願いします。

素晴らしきフォトライフ

2019/5/30

175 4

素晴らしきフォトライフ

写真業界に携わり、早13年。

23の時からですからこんなに写真業界にて続けてこれたのは、やっぱり写真を通じた一期一会。

“出会い”に魅力を感じていたからだと思います。

 

人生は一度きり そんなことはわかっているはずなのに、自分の将来が見えなかった日々。

どう生きていきたいのか、どうなりたいのか、自分で選択し決めることができなかったのです。

でも運命に引き寄せられ、ヘアメイクからカメラマンに転身したのがカメラ人生の始まりです。

今、思うとカメラを握ったきっかけは、人との“縁”からでした。

ヘアメイクを担当した際、私のキャラをみたマネージャーがカメラをやったらと言われ、頑なに拒否していたのに、やらなければいけなくなり・・・・

やってみたら、面白く、それが始まりでした。

 

違う現場で働きたいと転職した際、ライフスタジオでは、第二の自分の人生の転機がおきます。

 

今、産休中の“大内さん”との“涙の2時間面接”(入社前)、

前越谷店の店長西さんとの一緒にやった論文(アメリカについての論文)

まーくん、克さんと哲学サークルの代々木店(哲学入門サークル)。

ヘヨンさん、ウンピョさんと初めて一緒に働いた草加店、その中で生まれたシックスパック

第二の故郷 下関店の河野さんとようさん そしていつも優しい下関の人々

県をまたいで、コバさんと出会った新横浜店。

 

ほかにも、たくさん思い出や人とのエピソードがあるんですが、書ききれませんので、省略します(笑)

いつも私の心の中にいるのは、自分を見守ってくれ、私を受け入れてくれた人たちだと思っています。

私の強さをうけとめてくれた人たち。そして、私を客観的にしてくれる存在でもあります。

人へとうまく繋げられなかったことを受けとめていくためにも、一旦自分を下ろして、向き合う時間が欲しいと思いライフのフォトライフを一旦終了しようと思いました。

人はなかなか、変化しません。

だからこそ、自分と向き合う時間や新しい自分の居場所が必要だと感じました。

 

もうすでに、未来のために動き出していますが、ご縁があればいつかきっと又つながっていくと思います。

もっと輝く場所を目指して!!!

 

 

この記事をシェアする