Staff BlogChiba Forest

Oi chan
千葉フォレスト店

Yuko Oikawa

文を書いたり表現するのが、あまり得意ではありません(汗)
このブログを通して、書くことで伝える楽しみを見つけていけたらと思って日々を綴っています。

写真業界に携わり13年目をむかえようとしています。

この仕事を選んだきっかけは、
誰かの”今”を残すお手伝いができる、なんて良い仕事なんだろうと思ったのが始まりでした。

その思いは今も変わっていません。

出会えたすべての人に感謝です。

只今絶賛、ダイエット中です。(プロジェクト5月のクリスマス)5月までにマイナス20キロ目指します!!
こちらも宜しくお願いします。

藤子不二雄A店に行ってきたよ

2018/12/31

193 1

みなさま、藤子不二雄先生は知っていますか?

実は、藤子不二雄先生は二人います。

藤子・F・不二雄先生はドラえもんなどを書いており

藤子不二雄A先生は笑うセールスマンなどを書いております。

ドラえもんのヒットにより、二人は別々に活動することになりました。

ドラえもんも好きですが、何を隠そう、私は藤子不二雄A先生の作品のファンであり、大好きです。

子供の頃から読み漁り、一番好きな作品は”ブラック照会変奇郎“です。

まだまだ、好きな作品は沢山ありますが、小学生の頃、大人が欲に負けて滅びていく姿にドキドキしてマンガを読んでいたのを覚えています。

以前は作品を一緒に書いていた二人。

別れたあとの、作品は二人の方法性の違いがでてきます。

例えば、ドラえもんやエスパー魔美を書いた藤子・F・不二雄先生は夢の道具やエスパーなど、

ファンタジー要素が多い作品ですが、藤子不二雄A先生は、欲にまみれる主役はサラリーマンなど近くで起こりそうなリアルな作品が多いです。

ブラックユーモアと呼ばれるジャンルを作りました。

笑うセールスマンみたいな欲にまみれた作品だけではなく、ドラマにもなった怪物くんや忍者はっとりくんなどもあります。

六本木ヒルズまで電車に揺られ、藤子不二雄A先生の作品展へ行ってきました。

展示会ではいい年こいて、可愛い!!!を連呼しまくってしまいました!!!

しばし、写真で当日を振り返ってみます。

 

笑うセールスマンによく登場しているBAR魔の巣。私の夢がひとつ叶った瞬間でもあります。

このあと、喪黒福造さんにもお会いできました

昔の執筆活動をしていた部屋を再現した場所で

一緒に展示会に行った妹に違和感ない。

と言われました。

色使い最高な怪物くんゾーン

昔の作品なのにPOPな印象を受けます。

フラッシュをたくと、絵が浮き出る不思議なゾーン

私が好きなブラック照会変奇郎と一緒に。

なぜかめちゃ睨んでます(笑)

そして最後は有名なドーン!!!

さて2019年がこんな年にならないように

頑張ります!!!!

 

この記事をシェアする