Staff BlogChiba Forest

Oi chan
千葉フォレスト店

Yuko Oikawa

文を書いたり表現するのが、あまり得意ではありません(汗)
このブログを通して、書くことで伝える楽しみを見つけていけたらと思って日々を綴っています。

写真業界に携わり13年目をむかえようとしています。

この仕事を選んだきっかけは、
誰かの”今”を残すお手伝いができる、なんて良い仕事なんだろうと思ったのが始まりでした。

その思いは今も変わっていません。

出会えたすべての人に感謝です。

只今絶賛、ダイエット中です。(プロジェクト5月のクリスマス)5月までにマイナス20キロ目指します!!
こちらも宜しくお願いします。

伊勢志摩の旅~願掛けの旅①~

2018/11/28

204 0

先日、伊勢に行ってきました。

目的は、美しい景色、そして美味しい食べ物と、今後の素敵な出会いを神様にお願いしてきました!!

伊勢の素晴らしい景色をみて、沢山パワーをもらったので2回に分け、写真と共に紹介します!!

まず第一弾として~願掛けの旅①~から

 

バスツアーでの参加。早朝7時に都内を出発しました。

パーキングエリアで見た富士山

冬の富士山キレイでした。

都内から出発して6時間くらいで伊勢に到着。まずは、二見興玉神社へ・・・

ここには、夫婦岩があります。

参拝した二見興玉神社は、古来の人々も、伊勢神宮に参拝する際、

この海で体を清めてからお伊勢参りを行っていたということで、ツアーもここから始まりました。

 

ここで登場!!MY”御朱印“今回は御朱印袋もこちらで購入しました。

頂いた、御朱印

達筆です。

御朱印の存在を知らない方に

▼御朱印とは・・・・

神社のお寺のお坊さんにお願いして、参拝した神社仏閣の名前・日付など御朱印帳に押していただくものです。

いわば、サインです。

御朱印は寺社オリジナルになるので、判子などがカラフルだったりと、多種多彩です。

                           

“御朱印集め”という言葉もあり、ブームみたいですが、

ブームのうらには、気軽な神社への「観光」があります。

そんなブームを懸念している人もいます。

本来の目的は、神様へ願掛けをし、お賽銭や手を合わせるだけではなく、さらに神様仏様に強く願いをかなえていただける術として、お径を書き写す「写」があったそうです。

神社やお寺は、本来は納径しないと御朱印はもらえなかったそうです。

 

日本では厄除けなどのお札があるように、“文字”には“力”があると信じられています。

だからこそ、御朱印を頂けることに、感謝の心を忘れてはいけませんね。

沢山のパワーをもらった伊勢の旅、後編へ続きます。

この記事をシェアする