Staff BlogAoyama

Aoyama
青山店

青山店

青山店の情報を発信していきます!!!

関東で「おしゃれな七五三」を撮るならライフスタジオ青山店

2020/5/22

506 0

一度しかない七五三おしゃれなスタジオ青山店で

 

  • 七五三の由来・意味は?


子供の成長を祝う行事として古くから行われている七五三。

しかし、意味や由来を知ってる方は少ないかもしれません。

実際私は、七五三をしらなかったので調べてみることにしました。

  1. なんで「3歳」「5歳」「7歳」なの?

    平安時代に行われた3歳の髪置き、5歳の袴着、7歳の帯解きの儀式にあると言われています。

    昔は子供の死亡率が非常に高かったため、このような節目に成長を祝い、子供の長寿と幸福を祈願しました。

    現代でも、子供を思う親心に変わりはなく、七五三という形で受け継がれているように思います。

  2. 数え年と満年齢のどちらでするのが正式?

    意外と悩んでしまうこちら。どちらでも大丈夫です。

    七五三が日本古来の行事だからと言って、昔の年の数え方の数え年にこだわる必要はありません。

    撮影に関しましては、満年齢がおススメです!

    お子様の成長をみて考えるのもありです。身長が高くて満年齢でやると袴が小さくなっちゃうなんてお子様もいらっしゃると思います。

  3. 七五三の時期は?

    七五三の正式な日にちは毎年11月15日とされています。

    昔ながらの流れで日にちは決まっていますが、各家庭の都合、体調面などに考慮して絶対その日にやらなければいけないわけではありませんのであくまでも目安となります。

    ライフスタジオ青山店では11月だけではなく1年中お着物を着て撮影が可能です。

    ※曜日、時間が決まっています。

     

七五三のお祝いは、女の子と男の子で違います。

今回は男の子のご紹介です。

男の子は「袴着の儀」が対象となっております。

古くは男の子・女の子関係なく3~7歳の間で行われていたのですが、江戸時代末期に5歳の男の子に行われる儀式として定着しました。

ただ必ずというわけではありませんので3歳7歳でもお祝いするご家庭はあります。

※ライフスタジオ青山店では5歳男の子の袴しかご用意ございません。

 

 

  • 青山店に準備されている袴​​​​​​​


3種類になります。

「深緑」

深緑の羽織袴は落ち着きがあり聡明なイメージが強い色です。

紺に続き制服などにも使われる色です。

「青」

青は爽やか、高級感のある色です。

大人っぽくなりすぎずかっこよくなれる人気のカラーです。

「灰」

かっこよくクールな印象の色です。

落ち着いたイメージがあるので黒と相性ばっちり!!

 

  • 参拝に行きたい!


撮影は参拝とは違う日がおススメです。

お子様が疲れていたら違う日にしてみましょう!

またそこで違う袴を着てみるのも楽しみですね^^

お家から近い所を調べてみましょう!

参拝は神社に限らず日ごろから信心しているお寺でも大丈夫です!!

 

青山店近くの神社なら!!

乃木神社

↑クリックするとサイトに飛べます。

東京都港区赤坂8丁目11−27

赤坂氷川神社

〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目10−12

日枝神社

〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目10−5

 

撮影も参拝も楽しく素敵な記念、思い出になりますように。

最後に、子供のスーツ姿、大人の着物姿も素敵ですので是非検討してみてください。

 

予約の仕方は? 


撮影のご予約に関しては、完全予約制となっておりホームページより会員登録をして頂き、ログイン頂いた後に、ご予約ページより予約頂きます。予約ページより、各店舗の空きスケジュールをご確認いただき、ご希望のスケジュールをお選びください。 

青山店の雰囲気をみるなら!!

この記事をシェアする