ライフ人Life People

【MVPスタッフ】ライフスタジオ越谷店 海野敬司

投稿日:2022/3/16     更新日:2022/3/16

1029 15

働く人の顔が見える写真館!ライフスタジオが誇る今回MVPスタッフは…ライフスタジオ越谷店の海野敬司さんです。出身は静岡県湖西市!海を越え、山を越え、現在ライフスタジオ越谷店が誇るカメラマンになるまで!海野さんの魅力と年代記をご紹介致します。

小さい頃から、1年に1度くらいの頻度で、両親が連れて行ってくれたのがきっかけで、気付いたら好きになっていた、と海野さん。夢は「ディズニーの年パスを買うこと」だったくらいディズニーが大好きな少年でした。その気持ちは今も変わらず、実は写真を始めたのもディズニーがきっかけだったとか。年パスを買って最初の頃は、パレードやショー、キャラクターの写真を毎週のように撮りに出かける日々でした。

その内キャラクターを撮る事は少なくなったけれど、そこで働いている人々(キャスト)が「普通に仕事をこなすころも出来るはずなのに、マニュアル以上の事をして来店者(ホスト)を喜ばせてくれる」姿を見ながら「自分の得意なことで人を喜ばせたい!」という気持ちが湧いてきたそうです。工学部を卒業し自動車部品の製造を行う会社に生産技術課として入社した彼が、縁もゆかりもないライフスタジオにたどり着いたにはそういうわけがあったんですね。そしてもう一つ、彼の人生に大きな影響を与えたのがミュージシャンのMr.Children。世代的に、周りにMr.Childrenが好きな人は少ないけれど、幼い頃、お父さんの中で聞いていたMr.Childrenの確固たるファンになったのは高校2年生の時。Youtubeで彼らのライブ映像を見て衝撃を受けたそうです。海野さんのスタッフブログから、Mr.Childrenのボーカル桜井さんが話した言葉を紹介しています。

「50歳になる僕らにも、実はまだまだやりたい事、目指したい場所があって。
この中に、やりたい事があったり、新しい事を始めようとしている人も居ると思う。
ここにいる皆がティーンエイジャーじゃないとは思うけど、まだ間に合う。一緒に頑張りましょう。」

ひらめいた海野さんは、「限りなく後悔の少ない人生にする為に、チャレンジできるのは年齢的にも今しか無いんじゃないか」と背中を押され写真を仕事にしたいと決意しました。

そんな海野さん、実は他にも色々好きなことが多い多趣味人間!人にはそれぞれ好みというものがあり、何となく心惹かれるものがあるはずですが、改めて「何故」好きなのか、「どういうところ」が好きなのか尋ねられるとなかなか答えに困るもの。ですが、海野さんの好きには全て理由があって、しかもちゃんと言葉にして伝えてくれる。だから聞いているこっちまでいつの間に「あらら、それだったら自分も好きかも」と取りつかれてしまうんですよね。

そんな海野さんの好きを好きだと言える勇気、語れる力につられ越谷店のメンバーにワイヤレスイヤホンを営業した話を聞いて思わず買い物かごに入れそうになりました(笑)。海野さんの好きと人柄がギュっと詰まったスタッフブログもぜひのぞいてみて下さい。

海野さんはライフスタジオ越谷店所属ではありますが、いつどこで出没するか分かりません。それもそのはず、ライフスタジオの店舗から「助けて~」とヘルプサインが出ると、すぐさま出動して皆を救います。おかげ様で自店舗を離れ、色んな環境でライフスタジオを経験した海野さん。

特に2ヶ月間生活を共にした草加店では色んな発見と学びがあり、当時の事をこう語っています。

「撮影を通してお客様と楽しんでいただき、喜んでいただけるよう尽くすという、やるべきことは同じなのですが、環境と周りにいるスタッフが違います。」

そんな海野さんが訪ねたライフスタジオ店舗の数々がこちら。

▷ 「ライフスタジオ千葉フォレスト店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオ新松戸店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオ大阪1号店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオ新横浜店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオふじみ野店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオつくば店に行ってきた」
▷ 「ライフスタジオ草加店で30日を」

スタッフ目線で店舗の魅力をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

ライフスタジオ越谷店では「読み・書き・討論」をかかさず行っています。それはライフスタジオが大切にしてきた核心価値でもあります。そんな越谷店で、主題本を参考に店舗の討論を引っ張り、まとめる役割を任されつつある海野さん。店舗の仲間たちと同じ方向を向きながら熱く語ることに熱意を感じるそうです。

最近は店舗で取り組んでいるCSR(企業の社会的責任)に絡めた一冊、『伸びる中堅・中小企業のためのCSR実践法』という本を用いて勉強会を進めています。本文には海野さんの大好きなあの「ディズニーランド」の事例を出たりして、憧れていた世界の舞台裏を知り、ますます好感が上がりました。ただ、ディズニーはライフスタジオの長年のライバル(?)。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の言葉のように、紹介された事例を自店舗にどう落とし込んでいくかを考えるようにまでなりました。大きな発展ですね!

そんな越谷店では先日児童養護施設のお子様達をスタジオに招き毎年恒例の七五三撮影を行いました。それぞれ事情により親と一緒に暮らせず施設に暮らす子供たち。越谷店では4年ほど前からボランティア活動を通して施設と関わりを持っています。

着物姿で主人公になった子供たちは、初めてお会いする私たちに戸惑いながらも、皆元気に撮影してくれました!やっぱり笑顔が一番!励ますつもりだったのが逆に元気をもらえた素敵な時間でした。そんな海野さんへ大切な仲間たちからのお祝いのメッセージが到着しました。早速ご紹介しましょう。

さて、MVP海野さんのご紹介をさせていただきましたがいかがだったでしょうか?

この記事を読んで海野さんに会ってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。そんな海野が所属しているのはライフスタジオ越谷店。心温かい「Heartwarming」をテーマに広い空間とたくさんの背景で皆様の思い出の記録のお手伝いができればと思っています。是非海野さんや越谷店のみんなに会いに来てください!越谷店一同、心からお待ちしております。

 

この記事をシェアする