Staff BlogYokohama Aoba

Misaki Nakagawa
横浜青葉店

中川みさき

こんにちは♪
中川みさきといいます!
「さきちゃん」と呼んでください!
こどもたち、パパ、ママにも、
撮影を楽しんでいただけるよう、
全力で頑張っていきます!
ぜひ、素敵な思い出作りをお手伝いさせてください♪

写真分析「受け取る」

投稿日:2021/4/30

185 0

Photo&Write by Misaki Nakagawa 

Cordi by Takuma Oto

 

「ずっと伸ばしていた髪なんですけど、今度切ろうと思っているんです」

 

撮影前に、そのようにママさんからお話を伺いました。

女の子が「髪を切る」というのはなんだか一大事のように感じてしまうのは、

私自身、幼少期に長く伸ばしていた髪を、断腸の思いでショートカットにした記憶があるからかもしれません。

もう切ってしまう長い髪を、その姿をしっかりと残してあげよう。

 

 

最近は「受け取ったものに、どのように応えるのか」ということばかりを考えています。

 

ライフスタジオの企業理念には次のような言葉があります。

【美しさを表現し、思い出を記録する、楽しい遊びの空間】

それがライフスタジオという場所です。

3月の会議で、この言葉の一つ一つを解釈していく時間がありました。

 

その中のひとつ、「思い出を記録する」とはどういうことでしょうか。

写真館なんだから写真で思い出を記録する、何を当たり前のことを!

そんなのどこの写真館だってやってることだよ!

いやいや、じゃあ、ライフスタジオの考える思い出の記録ってなんなのさ。

 

どうして写真を撮りたいんだろう。

どんな思いがあって写真を撮りに来たんだろう。

この写真を見てどんな思いになるんだろう。

 

その家族、家族の思いを受け取って、共感しながら、写真に表現しようとすること。

それがライフスタジオの掲げる「思い出を記録する」ということなんじゃないだろうか。

たくさんの人の話を聞いて、私の中ではそのように定義づけました。

 

 

「ずっと伸ばしていた髪なんですけど、今度切ろうと思っているんです」

今回、彼女の撮影で受け取ったのはこんな思いでした。

具体的にこう撮りたいというイメージを頂いたわけではありませんので、

あくまで私なりに「彼女」と「彼女の髪」にフォーカスした写真を残そうと考えます。

 

先月も書いていましたが、私はイメージを一から作ることがあまり得意ではありません。

なので、頭の中にあるストックの中から、あれやこれやとイメージを組み合わせながら撮影をしていきます。

全身を撮ったり、実際に髪を触ってもらったりもしながら、もっと違うイメージがあるような気がしていました。

 

撮影の最後に寝そべってもらうことにしました。

長い髪はあえて、顔にかかるように前に垂らしてもらいます。

髪だけをメイン、というよりかは、

「彼女」と「彼女の髪」がメインだと考えていたので、顔の半分はしっかりと表情がわかるように。

むしろ髪で半分隠すことで、より彼女の表情にも目がいくようになります。

半顔にはしっかりと光が当たり、彼女の明るい表情を映し出します。

黒く長い髪は艶感を出しながらも、

画面の1/3ほどを埋める形になるので、重い印象になりすぎないよう少しだけ前ボケをかぶせます。

 

長い髪の全体が写っているというカットではないけれど、

主役は「彼女」と「彼女の髪」である、ということは伝わるようなカットになったのではないかな、と思います。

 

 

ずっと「意思疎通」や「その子のための写真」について話をしてきました。

私が、目の前にいるその子をどう見て、どのように感じて、表現するのか。

その子のためにどうしたいと思ったのか。

これはカメラマンとしてもコーディネーターとしても変わることなく、

常に自分が写真と向き合うベースとしてあるものになります。

私自身はまだまだ技術も未熟で、

表現したいものが表現しきれていないかもしれないけれど、

受け取ったものに対して、常に誠実に向き合って、応えていきたいなと強く思います。

 

この記事をシェアする