Staff BlogYokohama Aoba

Misaki Nakagawa
横浜青葉店

中川みさき

こんにちは♪
中川みさきといいます!
「さきちゃん」と呼んでください!
こどもたち、パパ、ママにも、
撮影を楽しんでいただけるよう、
全力で頑張っていきます!
ぜひ、素敵な思い出作りをお手伝いさせてください♪

写真分析「家族写真.4」

投稿日:2021/1/26

332 2

 

Photo&Write by Misaki Nakagawa 

Cordi by Takuma oto

 

「その家族らしい家族写真を残すこと」

赤ちゃんの撮影に入るときというのは、いつも以上にそのことを強く意識します。

パパママが出来る限りいつも通りの自然体でいれることが、

赤ちゃんがリラックスするためには必要だと思うし、

赤ちゃん時代だからこそ写真に残せる、親子の距離感もあると考えるからです。

 

新しい命の誕生への喜びだったり、

その一挙一動を愛おしく思う幸せだったり、

もしかしたらはじめてのことへの不安などもあるかもしれません。

様々な思いを抱えながらも、家族はスタートしていきます。

そしてたくさんのことを乗り越えながら、

その家族の形を作っていくのだな~と思うと、なんだか感慨深いような。

そんな時間を出来る限り形に残してあげられるカメラマンでありたいなと思うのです。

 

 

 

 

もうすぐ4か月になる赤ちゃんを抱っこしながら、

パパさん、ママさんはとても丁寧にお話をしてくださいました。

腕の中にいる娘さんの様子を優しく見守るパパママの横顔はとても柔らかく、穏やかなものでしたが、

そんな中に少しだけ、初めて来る写真スタジオへの不安や緊張もあるのかなと感じました。

 

いつもより少し多めに家族写真を撮ろうと決めたのは、

まだ生まれて数か月の彼女の体力を考えてのことと、

その方がパパママも安心されるかもと思ったこと、

そして、家族3人で触れ合う姿を残してあげることが一番この家族らしいのかなと思ったことが一番の理由かもしれません。

 

娘さんにお顔が見える形で、家族3人がなるべくぎゅっとできるように。

パパママにはカメラを見るのではなく、

とにかく娘さんが安心できるように触りながらのコミュニケーションをお願いしました。

パパさんが即興のオリジナルソングを歌いながら娘さんの顔を覗き込み、

それに思わず笑顔になるママさん。

とても優しくて、穏やかで、なんだかとっても幸せを感じる瞬間。

 

「あ~、幸せってこういうことだなぁ」

そう思いながらシャッターを切らせて頂きました。

 

 

 

撮影は終始、パパママの明るさに助けられながら、

小さな娘ちゃんもいっぱい頑張ってくれて、様々な写真を残すことが出来ました。

75カットの最後も、家族写真で締めさせて頂きました。

「このご家族らしい1枚」というのを考えながら、様々な写真を撮らせていただきました。

何か心に残る1枚が残せていることを願っています。

 

この記事をシェアする