Staff BlogYokohama Aoba

Misaki Nakagawa
横浜青葉店

中川みさき

こんにちは♪
中川みさきといいます!
「さきちゃん」と呼んでください!
こどもたち、パパ、ママにも、
撮影を楽しんでいただけるよう、
全力で頑張っていきます!
ぜひ、素敵な思い出作りをお手伝いさせてください♪

ジュニア衣装、どこまで揃える?っていう悩み

投稿日:2020/6/30

666 0

横浜青葉店はライフスタジオの中でも一番最初に、「ハーフ成人式」の撮影を取り入れた店舗です。

それは私がライフスタジオに入社するのよりも、もっともっと前の話なので、

その当時のスタッフが、どんな気持ちでハーフ成人式をやろう!ときめたのかは定かではありません。

ですが、その成果もあってか、

「横浜青葉店は大きなこどもの撮影も行っている」というのは、

ライフスタジオにきてくれるご家族さまや、

近隣の店舗のスタッフたちにも、しっかりと認識をされているのではないかと思います。

 

そして2018年。大幅なサイズアップを図りました。

140cmまでだった衣装の用意を、160cmまで大幅に増やすことにしました。

その時の思いはこちらに掲載しています。

【あおばの作り方】衣装レンタルサイズ、増えます。 #衣装が増えるらしいぞ、青葉だぞ。

 

大好きな子たちが、会いたいと願ってくれている子たちが、

「衣装」を理由に、会いに来れなくなることをふせぎたい。

この先も、まだまだずっと長く、こどもたちの成長を見守っていきたい。

そんな思いから、横浜青葉店では所謂juniorと言われるサイズまで、衣装を増やすことにしました。

 

 

 

 

大きくなればなるほど、写真を撮る機会は減ってくる。

こどもたちも、なかなか家族で写真になんて付き合ってくれなくなる。

 

本当にそうなのかな?と思うことが多くあります。

それは、衣装サイズを増やしてから、

青葉店には明らかに小学校高学年〜中学生のこどもたちの来店が増えたから。

 

 

 

親御さんに聞くとやはり「衣装がないってことは卒業なのかなと思った。」という答えが返ってきます。

 

 

 

そして「家で撮っていてもなかなか笑ってくれなくて、写真はもう嫌なのかな?」なんて、成長する寂しさを感じることもあります。

 

 

 

私自身、写真を撮るのが苦手なこどもだったので、

カメラの前でうまく笑えないこどもたちには、普段から共感しかありません(笑)

 

そして、そんなこどもたちにに対して、私たちが思うのは、

無理して笑わなくたっていいじゃないか。ということだったりします。

 

 

初対面の人の前でなかなか素になってはしゃぐことができなくなったり、

緊張してなかなか素直に喋れなくなってしまったり。

親の前でかっこつけることが気恥ずかしくなったり、

それは成長する過程の中で誰しもにきっと身に覚えのあることで、

別に特別悪いことでもなんでもないんじゃないかなと思います。

 

もちろん、スタジオにくるのが好きで、写真を撮るのが好きで、

たくさん笑ってお喋りをして帰る子もいますし、そうでない子もいます。

それは年齢にかかわらず、1歳のお誕生日の撮影で人見知りで泣いてしまう子がいるのとおなじことで、

それがその子の個性なのだ、と感じるのです。

 

 

そしてファインダーをのぞいていると感じるのは、

うまく笑顔になれない子も、一生懸命に応えようとしてくれているのです。

なので、なんとかかんとか、その一生懸命さに応えるために、

私たちも必死で声をかけ、必死で撮影をしています。

 

 

そんなことを、ここ最近遊びに来てくれた子たちの写真を眺めながら、ふ、と考えています。

 

そして、何が必要かをかんがえると、

 

更なるサイズアップもしていきたいな…!!!!

 

小学校6年生くらいまではカバーできる!と用意している衣装ですが、

小学校6年生、私たちが思っている以上に大きい説…。

 

「えー!!!?この衣装がそんなサイズ感になっちゃうのー???」なんて、驚かされることもしばしば。

「去年は余裕で衣装を着れていたのに…」こどもたちの成長スピードは驚異的です(笑)

 

 

今は160cmまでのカジュアル服を中心に衣装を揃えています。

 

借りられる衣装がないから…と撮影を諦めてしまうご家族が少しでも減るように、

これからも考えていきたいと思っています。

 

だから、みんな、また会いにきてね!!!

この記事をシェアする