Staff BlogYokohama Aoba

Misaki Nakagawa
横浜青葉店

中川みさき

こんにちは♪
中川みさきといいます!
「さきちゃん」と呼んでください!
こどもたち、パパ、ママにも、
撮影を楽しんでいただけるよう、
全力で頑張っていきます!
ぜひ、素敵な思い出作りをお手伝いさせてください♪

Saki’s project「せいっ!はん!GO‼︎」番外編

2019/12/4

217 0

こんにちは。さきです。
あっという間に年末ですね。
いろいろなことがあった2019年。
えっこらよっこら、いろんな人に引っ張ってもらいながら今年も進んで来ました。
みなさま、いつもありがとうございます。

年始に張り切って計画していた個人プロジェクトも、
日々を過ごすのににいっぱいいっぱいで、開始早々休止状態となってしまいました。
今は正反合?なにそれ状態ですね。
うーん、情けない。
日々色々なことを考えていますが、最近はそんなことをなかなか表に出していませんでした。
ので、今回はちょっと、番外編です。

先日青葉店スタッフみんなで久しぶりにご飯を食べに行って来ました。
ここ数ヶ月は交換勤務があったりでなかなかスタッフ全員が揃う機会がなかったので、本当に久しぶりだった気がします。
(といっても、場所は十日市場駅前のサイゼリヤですが笑)

ただみんなでご飯に行ったよ〜という話ではなく、
今回そのような機会を設けたのは「スタッフ間コミュニケーション」について話をするためでした。

きっかけはone point会議のCSチーム討論の主題のひとつです。
CSチームでは5店舗のスタッフが集まって、1冊の課題本をもとに討論を行っています。
今の課題本はこちら
そして主題のひとつはこんな内容でした。


スタッフ同士のコミュニケーションも重要です。では、仲間に対して感謝の気持ちをもち、チームワークを良くするために、現場で何が必要でしょうか?
何をするにもひとりでは限界があります。 
チームワークがあってこそ、これまで話されてきた現場での実践が可能となります。 
そして気持ちよく働くことが出来ます。
では、私たちは隣の人に感謝の気持ちをしっかり 伝えているでしょか?
スタッフ同士のコミュニケーションを高める施策を考えてみましょう。


この時のチーム討論では「感謝の気持ちを普段からつたえる」という意見が多くありました。
私自身もこの時には、なにか特別な施策じゃなくて、日常から心がけることが重要なのではないかと考えていました。
ですが、すこし時間をかけて改めて店舗の姿を考えながらこの主題と向き合っていると、
それだけではダメなんじゃないかと思うようになりました。

もちろん感謝を伝えることがダメなわけではありません。
それはどんな状況でも絶対に必要となります。基本です。
「施策を考えよう」という問いへの答えが「心がける」というだけの内容ではダメなのです。
心がけるだけの施策はいつしか風化して、なくなっていってしまいます。
今まで行ってきた様々な取り組みの中でも、やるべきことが具体的でなく、結果が見えないものは失敗して来たものが多くあります。

なので、横浜青葉店ではスタッフ間コミュニケーションのために、なにか具体的な方法を行ってみることにしました。
それを考えるために、営業終わりにみんなでサイゼリアへと赴いたわけです。
2017年からちょっとずつメンバーは入れ替わりつつやってきてもうすぐ丸3年。
それよりもっと前からずっと一緒に店舗をやってきたメンバーもいます。
そんな私たちが、改めてコミュニケーションのためにやることはなんだろう


施策への条件は
・比較的時間に余裕のできる1月から開始すること
・長期間ではなく1〜2ヶ月の短期間で実施する
・あまり個人の負担を増やさないこと


今回はフランクに楽しく考えようぜ!の会のため、青葉店らしくぽんぽんと様々な意見が出ました。

★お互いで他己紹介ブログを書いてみる
★所沢店のP.O.Pの青葉店verをやってみるのはどうか
★ココハナチームのフォトエッセイも参考になる
★越谷もスタッフ同士でイメージ撮影をしていた

↑はじめはやはり、写真と絡めながら個人に深く入っていくのはどうかという意見が多く出ました。
が、問題は写真や文章を絡めてやろうとすると、やはりなかなかに負担が大きくなるということ。

★ネガティブワードをポジティブワードに変換するゲームをしてみる

↑なかなかネガティブ人間の多い青葉店。
自分の短所だと思うところをあげて、それを別の人にポジティブ変換してもらうゲームを行うのはどうか、という意見。
面白そ〜!!!と盛り上がったのですが、試しにやってみると全員の語彙力の無さが壁となり断念(笑)

もっと簡単で気軽にできるもの…を考えた結果、決定したのは…

★毎朝1名1分間スピーチ

話す内容はなんでもok!!
趣味のことでも家族のことでも撮影のことでも悩みでも、
自分の好きなものや考えていることについて話し、
それを全員で聞く時間を設けることになりました。
全員が週に1回、無条件で話を聞いてもらえる1分間を与えられます。
小さなことでも相手のことを知るきっかけになるし、ちりもつもれば山となる!
今まで知らなかった一面を知るきっかけになるかもしれません。
その日聞いた話がもしかしたら顧客との雑談のきっかけになるかもしれません。
スピーチをすることがどんな効果を生むかは正直未知数ですが…

今回は気軽にまずはとにかくやってみよう!ということで、
青葉店は1月から、小学校時代の朝礼を思い出して、毎朝1分間スピーチを行っていきたいと思います(^ ^)
どんな話が聞けるのか楽しみだし、どんな話をしようかと今から考えちゃいますね。
私はとりあえず1分間で推しの素晴らしさをどこまで伝えられるかを考えたいと思います。
取り組みが終わる頃にはきっと青葉店スタッフのジャニーズ知識が豊富になっているはず…(笑)
推しスピーチ用PPTでもつくるか…

なにはともあれ、なにか新しい関係を生むきっかけになればいいなとおもいます。 
スピーチの開始は来年1月から!
その前に年末まで、まずはしっかりと走り切りたいと思います。

この記事をシェアする