Staff BlogYokohama Aoba

Kaori Kobayashi
横浜青葉店

小林香織

はじめまして!

小林なので“koba”と呼ばれてます^^
おばちゃんではありません、こばちゃんです^^

出身は愛知県です。

2011-2013.06名古屋・日進店
2013.07-2017.03横浜青葉店
2017.04-2018.03新横浜店
2018.04-現在まで横浜青葉店

ほぼ神奈川にいます^^

写真を撮りながら、いつも、未来に届ける写真を撮りたいと思っています。

今だけの姿、空間、繫がり、匂いまでも。

記憶を呼び起こす、写真。

未来でもまた写真を通してたくさんの記憶を呼び起こし、
そして話をしながらまた思い出を作って、家族の時間をつくってほしいと思います。

大切なものが、つながって、届くように。
そんなお手伝いが出来たらと思います。

メガネがトレードマークです!
よろしくお願いします!

ライフスタジオの写真 2020分析 大切にしたいこと。

2020/9/30

133 0

Photo by Kaori Kobayashi
Cordi by Misaki Nakagawa

in YokohamaAoba

 

 

彼女のことは以前写真で見たことがありました。

かおちゃんの親戚である彼女は、何度か青葉店にも足を運んで撮影に来てくれていたのですが、
私自身撮影に入ったことはなく、
かおちゃんが「かわいいのよ、可愛くて、はちゃめちゃわんぱく元気なのよ(笑)」
なんてことを写真を見せてくれながら、言っていたような・・・そんな記憶。
今回はそこから約四年振りの撮影でした。

 

ものすごく大人っぽく成長した二人に、
初めましてなのに「わ〜大きくなったねえ〜」なんて話かけ、二人はぽかんとしておりました。

緊張する妹ちゃんと、

周りを気遣い、私たちに対してもしっかり受け答えしてくれるお姉ちゃん。
通りすがりに他のスタッフに「背高いね〜」なんて声かけられても笑顔で応対。

そんな落ち着いた雰囲気のお姉ちゃんですが、
妹やママとの会話の端々には「やんちゃで元気」な彼女の素の部分も垣間見えました。

 

最初は妹ちゃんの七五三撮影から始まり、
緊張からだんだんと解き放たれていく妹ちゃんとの姉妹ショットでは、
あまりにも元気になった妹に対して、もう!ちゃんとやって!とお姉ちゃんとして引っ張ってくれる一面も。

妹のお腹をくすぐってもらったら、ちょっとだけいたずらな微笑みに(笑)
仲良し姉妹です^^

 

しっかりしなきゃ、とか、ちゃんとしなきゃ、とか。
撮影を通して、いろんな場面で、彼女の姉としての責任感の強さのようなものも感じました。


撮影の最後は、お姉ちゃんの一人の撮影を行いました。

 

選んでくれた衣装は、最近入荷したもの。

かわいい!とその衣装を選んでくれて、着て見たら、ものすごく着こなしてくれていました。
大人っぽく、着こなし、その撮影の雰囲気を察しつつ、かっこいい表情を浮かべたり、ポーズに応じてくれて、
その撮影の最中にも、彼女のやらなくちゃ!というような意志を感じました。


 

 

周りにいたご家族が少し緊張した彼女を少しでもほぐそうと声をかけてくれていたので、
私も何度か家族の方を見てもらうようにお願いしました。

そうするとふっと緊張が緩み、この笑顔。

照れもありながらも、笑ってしまうそのあどけない笑顔は、
昔から変わらない彼女の自然な笑顔のように思いました。

 

12歳。
いろんな状況がわかるから、それに対して向き合う姿勢はしっかりとしたもので、
だからこそ、家族にしか見せない素顔もあると思います。

逆に、こうした撮影では普段見たことのないような表情や姿を残すことができたら。そんな風にも感じました。

一通り撮影が終わろうとしている終盤、ふと下に目線を落としてもらった時。

カメラを意識した、しっかりと向き合う時とも、家族を見て緩んだ、あどけない瞬間とも違う、
彼女の表情を見つけたような気がしました。
 

そのまま、顔周りに何か手のポーズを添えようかとも思いましたが、
今まで見てきた彼女とまた違う瞬間を残すことができるような気がして、何か指示をしたら崩れてしまう気がして、
髪の毛の隙間から覗くその表情を、そのまま、シャッターを切りました。

逆光で写すことにより、髪の毛の透け感も出て、
柔らかい印象を残しつつも手前の髪の毛を垂らしたままにして影を作り、
その、何にも意識を向けない彼女だけの、力を抜いた、表情を捉えることができたような、そんな気がしました。

 

成長とともに、環境が変わり、周りの人との関係も増え、変化が多くなり。
自分自身と向き合うことも増えてくる年齢だったりするのではないかな、と思います。
それは勝手な私の考えですが、自分の12歳だった時を思い出しながら、その髪の隙間から見える表情を一枚残したいと思いました。

意識をしない、その瞬間。

それはどの瞬間とも違う、彼女だけの一瞬なのだと思います。

 

その子らしさ。

自然な姿。

その子だけの魅力。

 

それの答えに正解はないけれど、
その子にとって、家族にとって、大切な一枚になるように、
試行錯誤、一個ずつの情報を大事にシャッターを切るのは、カメラマンの使命だと思います。

 

いろんな状況があります。
自然の定義も、魅力の定義も、皆違います。

ただ、それでも、目の前のその人にとって、振り返って写真を見返したときに、
何か感情が芽生えるような、何かその当時のことを思い出すような、そんな一枚を残していきたいと思います。

 

 

写真が上手だな、素敵だな、このカメラマンの撮影は楽しいな、ファンが多いな。

そんな風に思うカメラマンは共通して
「相手の大事にしているものを、一緒に大事に思い、その視点で撮影をする」人ばかりだと感じています。

表現や残し方、撮影スタイルが個性で違えど、
その土台は、共通して必ずあります。

自分も、誰かの大事なものを、一緒に大切に思う、できる、
カメラマンでありたい、そうなりたい、と思います。

 

この記事をシェアする