Staff BlogSoka

ma-kun
草加店

菊池正國

自分がまずは動く事
それが明日を変える一歩

90日のボク

投稿日:2022/1/24

470 0

長男が産まれて90日が過ぎたときの写真です。
このころのボクは何も自分ですることができず、全てがパパとママがお世話をしてました。
本人がする事としては、
寝る、ミルクを飲む、ウンチとおしっこをする、そして泣くです。
90日がすぎると少し首もすわってきて、
いつも天井ばかり見ていた世界が
うつ伏せをして見てる世界が変わるようになりました。
本人は何か嬉しくて笑ったり、不思議に思って表情が変わることはなかったのですが、
パパとママは初めてできたことに感動と喜びを隠すことができませんでした。

自分ができることは限られているけれども
着実に1つ1つできることが増えていく姿は
喜びと寂しさを感じました。

この写真を改めてみると
当時の育児のことを思い出します。
最初の子で何も分からない私たちは、
ネット、お客様、周囲の人にいろいろ育児相談をして
試行錯誤しながら育ててました。

日常的に当時を振り返ることなどないため
きっとライフスタジオで撮影をされた方たちも
スライドショーの時間にこういう気持ちになるんだと思い
改めて写真のもっている価値を再確認しました。

90日のボクは今ではもう1歳6か月になりました。
うつ伏せをするのがやっとなボクは
今では走りまわって言葉を理解するようになりました。

これからも成長を残していき
いつか息子と写真をみて思い出を振り返りたいと思います。

この記事をシェアする