Staff BlogSoka

ma-kun
草加店

菊池正国

自分がまずは動く事
それが明日を変える一歩

大人の私

2019/8/22

96 0

シャッターを押すとき、縦の画角にするか、横の画角にするか考える事があります。

その時何を基準にして写真に残すかによって縦なのか、横なのか決めます。

横写真の魅力を知る事が一つの判断基準になるでしょう。

 

空間の広く撮れる

普通の事ではありますが、横向きであるため、左右への広がりを表現することができます。

それにより、左右への空間の広がりから被写体がどのような状況に置かれているのかを伝えることができるようになります。

横向きの写真は被写体の周囲の状況も認識しやすいということです。
その分、被写体そのものの存在感や入り込む要素が多いので整理をしないといけません。

なので、広さの表現を最大限活用できるのが横写真の魅力なとこです。

 

彼女と会ったのはメイク中の時です。

とても顔と体の線が綺麗で綺麗だなぁーと思って挨拶を交わしました。

初対面の僕に緊張する様子もなく、お互いに挨拶を交わしました。

着付けが完成に近づけば近づくほど、彼女の中のモデルスイッチが入っていくのが分かります。

彼女はバレーをやっていて、大勢の人前に出た事もあり、またそういった場所でも緊張をする事がないと聞き、全ての事に納得をしました。

 

撮影でのポーズも軽々とこなす彼女は、もうモデルさんです。
こちらもいろいろと掛け合い、形を一緒に作っていきました。後々考えると本当にたくさんのポーズをさせて疲れたと思います。ごめんなさい。

撮影中の彼女は子供の女性ではなく、1人の女性としていました。

なので、最大限彼女を美しく、かつ壮大に撮りたいと思いこの写真が生まれました。

 

夢に向かっていく彼女の未来は輝いています。

夢を叶えたとき、また会える人を楽しみにしてます。

この記事をシェアする