Staff BlogSoka

Ayako Kai
草加店

甲斐あや子

福島県出身、かいちゃんです。

年中無休で趣味を募集中です。
皆様の趣味、お勧めを是非教えてください!

最高の思い出作りのお手伝いをさせていただければと思いますので、宜しくお願いします!

初の海外の結婚式。アイルランドはこんな国!

2019/6/11

246 0

先月末、友人の結婚式へ参列して参りました。

場所はアイルランド。
過去に一瞬だけ生活していた場所であり、懐かしい国です。

しかし話に出ると「どこにあるの?」「アイスランド?」と言われてしまう事が多く、日本ではなかなか馴染みがない…というのが現状でしょうか。

なので今回は旅の振り返りと共に少しだけ紹介してみようと思います。


まずは日本からの出発。
現時点で日本からの直行便はありませんので、必ず乗継が必要です。
経由地はオランダ、イギリス、フランス、ドイツ、ドバイ etc...と意外と多くあります。私は今回フィンランド(ヘルシンキ)を経由しました!
フィンランドと言えばムーミン。空港にもショップがありました。


うーん、可愛い。
小さな空港なので1時間もあれば余裕で見られそうです。

 

そしてアイルランド着。ここまで大体14~15時間くらい経過しています。
目的は?いつ帰るの?こっちに友達はいる?日本では何してるの?などといくつか質問をされて入国です。
久々の英語にドキドキ。
それ程聞き比べをした事がないので断言は出来ませんが、アイルランドの英語は癖が強く早いらしいです。

滞在するのはアイルランドの首都、ダブリン(Dublin)。
ヨーロッパらしい石造りの家が並び、住んでいる人は多国籍、お喋り好きでお酒好き。
街のいたるところにパブがあり、食事を提供しているお店も多い為昼間から雰囲気を楽しむことができます

 

電車や路面電車もありますが、こちらは長距離移動での利用が多かったり線が少ない事もあり
メインの交通手段はバス。
2階建ての「ダブリンバス」が縦横無尽に走っています。
日本のSuicaやパスモような「リープカード」があり、こちらもチャージ式です。
駅やバス停のほか、街中のコンビニでもチャージ(こちらではトップアップと言います)できますよ!

 

こちらでの食事…どういうイメージがあるでしょうか?
ヨーロッパにあるある?なジャガイモ、沢山出ます。
料理の付け合わせにマッシュポテトが定番ですね!
フィッシュアンドチップスも良く食べられています。
滞在中は外食をしたり、時にはスーパーを利用しました。
パブやレストランでは大体1食1500円位からが相場でしょう。正直安くはないですが、その分かなりボリューミーです。

 

スーパーも品揃えが充実しています。
ポテトチップスのスペースがやたら広かったり、お菓子がカラフルだったりという特徴も海外らしいですね。
惣菜系もそろってますし、冷凍ポテトも種類が豊富。
物価が高いアイルランドですが、野菜は意外と安い印象です。
そしてこちらのお会計で多いのが、レジ前がベルトコンベアのような形式。
客は自身のカゴの中の商品を全てその上に並べると、レジ係の方が次々バーコードをスキャンしていきます。
そして自分で袋へ詰める。
大量買いする人も例外なく全て並べなくてはいけないので少し大変かもしれません。

 

初めてと言えば、最初の頃は日の長さに驚きました。
夜の9時過ぎでこの明るさです。
さすがに白夜とまではいきませんが、夏場は10時頃まで明るいのでいつまでも昼のような気分。
夜遊びが過ぎてしまいそうです。



と、久々のアイルランド滞在を数日間に渡り楽しんだ後はメインの結婚式。
私は当日「ブライズメイド」という付き人のような役割をさせていただきました。

式場は古いお城を改装して利用しているホテルです。
式自体は30分程度で済み、移動後新郎新婦そして家族の撮影、
その後はBarで寛ぎながら談笑、
場所を移動して食事をしながら笑いあり涙ありの新郎新婦や新郎ご家族の挨拶、
さらに最後は再びBarへ移動しお酒を飲みながらのダンスタイムという流れでした。

時間は13時頃から23時頃とほぼ1日がかりでしたが、
スケジュール全てが堅苦しいものではなく会話と食事とダンスを楽しむ事がメインの式。
とってもリラックス出来るものでした。

友人の新たな家族は、昔見たフルハウスに出てくるような明るく大らかな家族。
一家揃っただけでお洒落に見えてしまう不思議。

移動中には友人のウェディングドレスの裾を持つ私が慣れないロングドレスに躓きそうに…!
すると近くにいた叔父様に
「私があなたをサポートするよ。僕らは今日は1つのチームだからね!」と紳士的な言葉をかけられて嬉しさ200%でした。
中々言えない言葉ですよね。

異国での結婚式は初めてなのもありドキドキしていましたが
参加してみると日本と変わりなく、とっても愛のある素敵な式でした。

距離もあり簡単には行けない場所ですが、これからも機会があれば行きたい国です。


あぁ、再び旅行熱が復活しそうな予感…。

この記事をシェアする