Staff BlogShonan

Satomi Sugawara
湘南店

菅原 理美

この場所が
家族の思い出が生まれる場所であり
愛情を確認できる場所であり
公民館のように身近な場所であってほしいと思っています。
気軽に遊びに来てください。

湘南店のテーマである
「幸せ」
それを
見つけるよりも
気付けるような人でありたいです。

遊びも
仕事も
全力で!!!

いくつになっても日々勉強!

小川コータ&とまそん満月キャラバンvol.58 in湘南店

2017/4/13

195 2

悩み多くても
やる事増えても
やりたいことがあるからやってみる。
声を発して、もがいてみる。
直感でイイと思ったものには必ず乗る。

それで今まで大変な思いもたくさんしてきたけど
支えてくれる人は必ずいた。

言い訳してやらないのは簡単。
逃げるのも簡単。
でも、まぁいっか、とやり過ごすだけでは
あまりにもむなしい。

明日が同じようにやってくるとは限らない。

完璧なひとなんていないし
生きてる限り悩みなんていつだってつきまとうものなんだから、
目的は苦悩から解放されることではなくて
やりたいことを一つでも多くやること。

雪だるまのようにご縁がつながってひろがって
共感してくれる人
行動してくれる人
ここにいる存在を証明してくれる人
そんな人たちがそばにいてくれたことに感謝して。


2017/4/11
小川コータ&とまそん 満月キャラバンvol.58
in Lifestudio Shonan

音楽が好きな私、そして音楽を愛するyukiさんがスタジオでカメラマンとお客様として出会い、
ご縁がつながってひろがって辿り着いたライブの開催。
音楽と写真は似て非なるもの
それをどうつなげていこうかと何度も何度も話し合って、深夜遅くまでたくさん話をした。

スタジオでのライブなんて本当にできるのだろうか、誰もが思ったと思う。
はじめてやることだからもちろん私もどうなるのかわからなかった。
アーティストご本人達も最初そう思ったと言っていた。

ただ何かいいものができるんじゃないかという希望だけで。

yukiさんのまっすぐな思いは人を動かしたし
怠け者の私の重い腰も、彼女の情熱でずいぶん動かしてもらったと思う。
そしてその姿は関わる人々にもいろんな思いを残してくれた。

どんなに思っても願っても
それを言葉にして伝えないと、なかなか相手には伝わらない。
だからしっかりと思いを言葉にしていくことは本当に大切なことだ。
また、言っていた言葉で印象的だったのが
「言うだけ言ってみる。それで壊れる関係なら最初からそれだけのものだったんだろうから」
これは実はとても勇気がいることでもある。
誰だって言い争いなどしたくないものだし、伝えるのってすごくエネルギーがいることだ。
それでも伝える。
なぜか?
伝えたいから。変わってほしいから。

でも、photosessionの時に
「またやりたーい!!」と声があがった、その言葉を聞いて
ああ、やってよかったなっと心から思った。
何かが伝わったような気がした。

歌のフレーズに「ライフスタジオ湘南」と入れてくれたり
仲良くて最高のスタッフたちと紹介してくれたり。
うれしー!
人はやっぱり人に名前を呼んでもらえて、はじめて自分の存在を確かめることができるものだ。

つなげてくれた人がいたこと
支えてくれたみんながいてくれたこと
歌を聴きながら涙が止まらなくなったこと
大切なものをたくさんもらって幸せな気持ちでいっぱいになった。

後回しにしていたことを整理したら
また次の目標に向かって準備します!

photo:Kuroki
(わたし全然写真撮れなかった!撮ってくれててありがとうございまーす!!)

この記事をシェアする