PhotogenicShonan

『 そこに家族がいるから 』

2020/5/20

1201 11

『 そこに家族がいるから 』

photo : Masashi Kuroki | coordi : Izumi Saito

No.24 Life studio Shonan

 

 

 

人生は思っているよりも長くない。

だからこそ、何か一つでもいいから振り切れることを持つべきだ。

 

 

と、うちの親父が言っていたわけではありません。

どこかの偉人の言葉でもありません。

ただ、今まで生きてきた自分が思っていることです。

 

このライフスタジオでカメラを握るまでにいくつかの仕事を経験してきました。

以前のその仕事にそれぞれの良さはありましたが、自分自身が心から振り切れる仕事は無かったかもしれません。

ですが、ここで撮影をする事となり、初めて迷い無く振り切れるものに出会う事が出来ました。

家族写真」というものに。

私にとってライフスタジオに属し最も良かったと感じることは、この「振り切れるもの」に出会えた事でしょう。

もっぱら、振り切れているとかいないとかは本来自己で決めることではなく、他者から判断されることだと思うので、私がここで言う、振り切れているというのはあくまでそのものを探究するにおいて時間を惜しまないとか止むことが無いといった意味です。

もっと単純に言ってしまえば、そのものが「もの凄く好き」ということが発端なのだと思います。

例えば、テレビ番組などでラーメン博士やマンホール写真専門家、そして換気扇評論家まである種振り切れている人達がいます。

その人達の多くはある時、何かのきっかけがあって気が付けばそのものに執着していったということでしょう。

そういった事は特技などにも表れます。

極端に言えば「あいつは何やらせてもダメだけどあれだけは凄いんだよなぁ」とかって言われる人いますよね。

私はこういう人を素敵だと思います。

そういう生き方をしたいと思いながらこのスタジオで家族写真に出逢いました。

家族写真にはその家族だけの家族像、年齢によってそれぞれの人間模様、奥深さ、面白さそして難しさがあります。

そんな家族写真を掘り続けていくと同時にひしひしと感じる事がありました。

それは写真というものの中にある「ジャンル」です。

 

カテゴリーとジャンル

ライフスタジオは当然「子ども写真館」というカテゴリーになるわけですが、その中に「ベイビー」「キッズ」「成人」「兄弟」「家族」など、多くのジャンルがあります。

当然と言えば当然の話でありむしろ何の話か分からないかも知れませんが、例えるならば「麺類」というカテゴリーの中にある「ラーメン」「蕎麦」「うどん」「パスタ」などのジャンル。

これらの製法や調理の仕方がそれぞれ異なるように写真でもそれぞれのジャンルごとに撮影法が異なるのだという事を感じています。

そう思えたのも家族写真というジャンルに特化し続けたからこそ改めてそれぞれのジャンルとして区別ができ、そのそれぞれの性質が深く見えたのだと思っています。

 

私に多くの気付きやこれからも止む事の無い想いをくれた家族写真を撮る時に念頭に思っていることがあります。

• 一人一人の人間性を無くさせないこと

• 写真に血を通わせること

• 手元に置いたその写真が楽しく嬉しくさせる写真であること

ごくごく普通な事ですが、少しでも多くこれらを満たす為に私たちは家族一人一人と話し繋がっていきます。より深く信頼されるように。

 

ここまで家族写真について語ってきて気づきました。

私が振り切れると思えるようになったのは「人が好きだから」なのだと。

 

 

現在、歴史の教科書に必ず記されるであろう時代を生きている子どもたち。

あんな時代を生きて来たね」と後々皆で振り返るために残す家族写真。

一人一人の個性を確認しつつ、未来の自分たちへの目線を向けさせるためにカメラは斜俯瞰からのポジションをとる。

あくまでも今を生きていること、そしてこれからを生きていくことの証として私たちと家族の想いを一枚に納める。

今だからこそ改めて家族写真について向かい直すことが出来たのかと思います。

 

そこに家族がいてくれるから私たちは笑うことが出来るのです。

真の意味で振り切れる時が来るまで努力し続けていきたいと思っています。

 

 

別にすべてのことが出来なくたっていい。

ただ、何か一つでも振り切れることが見付けられれば人生は楽しく送ることが出来るだろう。

そして、そんな一人一人が集まればそれは必ず大きな力となって表れるでしょう。

 

 

Written by Masashi Kuroki Shonan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*湘南店では現状を踏まえ、各スタッフの検温、体調管理、アルコール消毒液の設置、撮影中スタッフのマスク着用、衣装の洗濯、お客様へのドリンク提供の停止、撮影後のモニター無し等、徹底した感染防止対策のもと縮小営業をさせていただいておりますが撮影内容によってはお受けする事が出来ない場合もございますので詳しくは店舗までお問い合わせを宜しくお願い致します。一刻も早く平穏な日常が戻りますことをスタッフ一同願っております。

この記事をシェアする