PhotogenicShonan

- ポケットにタイムマシンを -

2018/11/20

1387 9


Photo : Hisho Morohoshi
Coordi : LifestudioShonan All Members

 

◆◆◆◆◆

 

Why don't we take off alone
Take a trip somewhere far, far away
We’ll be together all alone again
Like we used to in the early days

二人だけで飛び立とうよ
すごく、すごく遠くまで
そしてもう一度二人っきりになるのさ
まだ新婚だった、あの頃みたいにね

John Lennon -Starting Over-

 

◆◆◆◆◆

 


“ Remind Wedding” をご存知ですか?


ご結婚から年月が経つと共に、新婦さんは奥様となりいつしかお母さんへ、新郎さんは旦那さんとなりやがてお父さんへ。
そうして日々の忙しさや変わりゆく生活の中でお互いへの思いや関係も少しずつ変わっていき、殆どの方が生活の中心はお子様となりパパママ自身やお互いの事は二の次となってしまいがちです。
Remind Weddingは、そんなママさんにもう一度ウェディングドレスを着てもらい、ママさんを主役にご夫婦での写真を撮りながら特別な結婚記念日を過ごします。そうして文字通り「ウェディングをリマインド」…つまり、あの時のフレッシュな気持ちを思い出し、夫婦の絆を再確認するという素敵な習慣なのです。

 

湘南店では、地域のお客様を中心に不定期でこのイベントを開催し、撮影をプレゼントしております。
その名も【Thankyou Letter】
家族から家族への、ありがとうの手紙。
そして湘南店からお客様への、ありがとうの手紙。
そんな沢山のお手紙が飛び交う1日が、【Thankyou Letter】なのです。

 

今回の撮影イベントにご応募頂いたKawada様もまた、何度も湘南店にお越し頂いているお客様でした。
お子様の幼い頃から私達もお客様もお互いを知っていてLifestudioの撮影にも慣れているはずですが、だからこそ特別な空間にしたい。

そんな強い思いもあって今回は撮影前に沢山のmailのやりとりをさせていただきました。
お二人の馴れ初めや、家族で大切にしている事。お互いの好きな部分やこれからどんな家族にしていきたいのか…。
時々私も自分自身の話を織り交ぜながらお話をしていくうちに、いつしか私達はお互いの夢を打ち明け合うまでに。

当日実際にお会いすると、私達はすぐにご夫婦のお互いに対する愛情の厚さに気が付きます。
それは撮影中お二人の楽しそうな光景を見て、スタッフの一人がふと涙を流してしまうほど…。
きっと、美しい夕焼けをを見ていると自然と涙がこぼれてしまうような、そんな心境だったのでしょうね。

初めは、お子様ではなくご夫婦の2ショットやママさんのソロ撮影が中心となるいつもとは少し違った空気に、撮影に慣れ親しんだはずのお二人にも少しの緊張感が伺えました。それはまるで、初めてスタジオに来た時のようにぎこちなく、初々しいものでした。
そんなドキドキの共有が、二人を新婚の頃に戻したのでしょうか?
ご結婚10年のお二人の姿に、徐々に新婚時代の二人が重なり、特別な空間が生まれつつあるのを感じました。
私はこの繊細な空間を出来る限り壊さぬように、慎重に撮影を進めていったのでした。

 

◆◆◆◆◆

 

子供達の撮影が真っ白なキャンバスをみんなで彩る作業だとすれば、大人の撮影は既に埋まっている金脈をみんなで掘り起こす作業に例える事ができます。

何よりも大事な『今』を除くなら、子供の撮影は『これから』であり、大人の撮影は『これまで』です。
大人は子供には無いこれまでの(hi)storyを持っており、私達はそこから目を背けたり偏向する事は許されません。
しかし子供の頃には無防備だったそれは、大人になるにつれて硬い岩盤の奥へ奥へと自分で埋めるようになり、それが何であったか、時に自分でも忘れてしまうほど。
だから、ツルハシを振るう時、私達はとても慎重になります。
ミケランジェロが大理石の中にヴィーナスを見出したように、私達も内在的なものを顕現させる行為にのみただただ固執します。

これらの関係性は、一般的なウェディングとリマインドウェディングの関係にも似ています。
『これから』にフォーカスするウェディングと、『これまで』にフォーカスするリマインドウェディング。
このご夫婦が一体どのような10年間を共にしてきたのか。この一点。この10年間をもう一度この空間に蘇らせる事にのみ、集中しました。
そしてそれが成功したその瞬間、二人は、その場にいる私達は、10年前にタイムスリップをするのです。

またこの写真、次の10年後へのマイルストーンとなり、過去と現在だけでなく、未来ともリンクします。
未来の二人がこのたった一枚の写真を見た時…彼らはこの日目にした光景、聞こえた音、草木の匂いやお日様の暖かさ、そしてこの時感じた沢山の喜びをはっきりと思い出す事でしょう。
それはまるで、この空間にタイムスリップをするかのような追体験。
私達はこのささやかなタイムマシンを作る為に、日々写真を撮り続けているのです。


◆◆◆◆◆


今回のThankyou letterの全容が知りたーい!という方は是非、こちらのムービーをご覧ください。
そしてRemindWeddingについて、皆さんにもっと知って頂くきっかけとなれば幸いです。

【 https://www.dropbox.com/s/4ls2j39bi4p36kh/ThankyouLetter_1113.mp4?dl=0 】

曲は、そんなお二人にぴったりなこの曲。John Lenon “starting over”
40歳。波乱万丈の人生を歩んできた彼がふと一人旅に出た際、ちょうど結婚から10年が経とうとしていた妻オノ・ヨーコに充てて作った曲です。ビートルズも解散し、子育ても安定してきた二人が、改めてお互いを見直し、もう一度恋をしよう。そんな気持ちが綴られています。

この記事をシェアする