Our StoryOsaka 1st

<連載> 子供写真をおうちで可愛く撮りたい方へ!ライフスタジオ大阪1号店が教える撮影コツ!(第7話. ボケ)

2019/3/20

837 1

 

大阪で子供写真を撮っていることに少しずつ適していくパクウギュです。
お久しぶりのあいさつです^^

今回は前に予告したように"ボケ"についてお知らせします。

 

 

"ボケ"とは何か?

背景が曇った写真をそう呼びますね。~

どうしてそう呼ぶのかはよくわからないが

普通背景が曇った写真をそう呼ぶから

ここでもそう呼ぶようにします。

 

 

写真を取ると背景がぼやけて格好良く見える人物写真などを見たことがあるはずで

誰でも一度ぐらいはそのような写真に憧れて,また撮ってみたかったはずです。

それではどのように撮ったら被体を浮き彫りにする"ボケ"になった写真を撮ることができますか。

に申し上げて4つの方法があります。

 

 

1.絞りを開いてくれる

2.焦点距離が長いレンズ(望遠レンズ)を使用する

3.体に近づいていく

4.体と背景間の距離を遠ざける 

 

 

 

 

1.りをいてくれる

 

先ほどのコラムでお見せした写真です。 他の件は全然違わず,絞りだけ開けてみました。

(もちろん 絞り開けて たくさん 入ってきた 光を一定に させるために シャッタスピドを 素早く しました.)

まぁ,長い言葉は要らないね。 "ボケ"がひどくなります。

 

 

 

2.焦点距離が長いレンズ(望遠レンズ)を使用する

 

- 同じ件でレンズをえてみました。 ここから焦点距離というのは被体との距離ではなくフィルム(またはCCD)からある程度の離れた距離で映像ができるかというレンズだけの特性ですが~ に申し上げて50mmレンズを基本として字が置かれほど、望遠レンズ、字が低くなるほど角レンズと呼びます。 写真のように望遠レンズは像を光角レンズはい角を撮ることができます。

 

ところで角がわること以外にも望遠レンズは"ボケ"がひどく、角レンズは"ボケ"が弱いことを知ることができます。

 

 

 

3.体に近づいていく

 

- これも他の件は同一し、カメラと被体との距離だけえて見ました。

一目で見ても被体と近いほど背景がたくさんいます。

 

 

  

4.体と背景間の距離を遠ざける 

 

- 今回は被体との距離も同じです。

(は手で持って撮って若干は違いますね...^^)

ところで被体と背景との距離が遠いほど"ボケ"化します。

 

 

 

こうして"ボケ"を作る方法4つを調べました。

カメラのメカニズムを少しだけ理解すればそんなに難しい方法ではありません。

4つの方法をよく利用するなら、今持っているカメラでも十分に背景が曇った写真を撮ることができます。

 

でも,SLRカメラではない一般の小さいデジタルカメラでは"ボケ"が簡ではありません。

答えは上に申し上げた4つの方法の中で1つが"ボケ"を邪魔するためです。

 

理由が何でしょうか。

.

.

.

.

 

こうして"ボケ"写真を撮る方法について調べてみました。

背景がぼやける写真,写真の一表現の一つです。

すべての写真が背景がひどく曇って,どこで撮ったのか分からない写真が良い写真ではありません。

あまりにも"ボケ"にこだわらずに多で私のカメラで活用できる写真から素敵に撮ってみたらどうでしょうか。

 

考に私は写真が好きです~^^

では,次の時間までしい写真生活を送ってください。(笑)

この記事をシェアする