Staff BlogOmiya

Suzuki Ryohei
大宮店

鈴木亮平

鈴木 亮平(スズキ リョウヘイ) @soo1990
1990年生まれ福島県いわき出身の日本人カメラマン。1998年ゲームボーイカセット「ポケットカメラ」で写真活動を始め、日常風景撮影と写真集制作の趣味をもつ。2012年ライフスタジオ大宮店入社。本格的に写真を生業にする。同年からライフワーク「SAQ」鳥取砂丘での作品撮影を始める。2015年に日本人一般女性と結婚、2016年に長男が誕生。同年より大宮&代々木店で店長を務める。2020年よりふじみ野店。

#383 Pastel 絵画修行道2

投稿日:2021/2/16     更新日:2021/4/12

312 3

Pastel.011

プレゼントでいただいたおやさいクレヨン でお野菜を。ソフトパステルとは違う質感でまた面白い。しかもこのクレヨンはお米の匂いがしてお腹が空く。

 

Pastel.012-032

以前にルドン展で見た大きなパステル画の作品「グラン・ブーケ」を前にあまりに圧倒されて、しばらく立ち尽くした。その後の作品を見る気力も使い切ってしまった。

和訳で「大きな花束」

その切り花を一つ一つ抜いてみて、描いてみた。

 

Pastel.033

春がくる。お花屋さんにはポピーが並び始めました。

ケシ科ってどこか危なげな雰囲気で好み。早速家に飾って描いてみる。ルドン先生の背景を模写してポピーを並べる。

 

Pastel.034

気持ちは早くも春で、新しいコート着て、花も手にしてるんるん♪春の浮かれた気持ちが紙にカラフルな色を乗せる。

 

Pastel.034

ポピーはすぐに散っていきました。その朽ちゆく様もまた美しい。落ちた花びらもさらにコラージュしてパステルでお化粧。こういう今までしたことのないことをし始めるときがすごく楽しい。

 

Pastel.035

絵を描くようになってから、花瓶を買い、花屋に寄り、道端に咲く花の名前まで気になりだした。いままで見えなかったものが見えるようになる喜び。

朽ちゆく花を愛でることもなかったなぁ。

 

Pastel.036

「ニジューに夢中」

絶賛ニジューにハマりにハマっている妻。人というのは寝ているその姿は無防備で美しい(笑)

 

Pastel.037

あいまいなもの、はっきりしたもの。どちらも気分で好きだから。今日はあいまいな世界を描く。水面に反射する景色の色彩が揺れる様子。

 

 Pastel.038

新しい紙を試す。再びルドンの花瓶模写。

模写をするとき、作者が何を考えて色をのせているのか想像してみる。。。けどわからなすぎる。表面の色だけを真似してのせるだけ。

この記事をシェアする