Staff BlogOmiya

Soo
大宮店

Soo

鈴木 亮平(スズキ リョウヘイ) @soo1990
1990年生まれ福島県いわき出身の日本人カメラマン。1998年ゲームボーイカセット「ポケットカメラ」で写真活動を始め、日常風景撮影と写真集制作の趣味をもつ。2012年ライフスタジオ大宮店入社。本格的に写真を生業にする。同年からライフワーク「SAQ」鳥取砂丘での作品撮影を始める。2015年に日本人一般女性と結婚、2016年に長男が誕生。同年より大宮&代々木店で店長を務める。

#347 2歳の誕生日~ナチュラルフォト編~

2018/12/13

591 7

おすすめ!? 2歳の誕生日の楽しみ方


おかげさまで、わが息子もめでたく生誕2年を迎えることができました。
最近はなんでも「こわいこわいー」とビビったふりしてイヤイヤ言っておりまして、さらにひょうきんさも身につけ、家族してふざけた毎日を送っております。

年中ふざけております鈴木家ではございますが、際立って12月は忙しく、結婚記念日、子どもの誕生日、クリスマスとイベントが立て続けにやってまいります。

今回は、さまざまな誕生日イベントをあれやこれやと行ってみました。

 

パンケーキフォト

ナチュラルテイストとは縁が遠い鈴木家。

しかしそのナチュラルテイストの雰囲気でパンケーキフォトを撮ってもらうのが、子どもを産む前からの憧れだった妻。

その夢がかなわず2歳を迎え、「赤ちゃん」から「子ども」になってしまいました。

しかしめげずに、衣装を揃え、パンケーキを作り、すべて妻のプロデュースで撮影。

ママ自作75c風パンケーキ

 

自宅で息子と格闘の末、撮影できた奇跡のショット!

 

しかし、やはりもうbabyとはいえない出で立ちの息子…その襟のひだひだはエリマキトカゲ。果たして帽子のかぶり方はそれでいいのかナポレオン。

「本当はこんなんじゃ・・・!!」妻もそう思った事でしょう。

せっかくそろえた衣装も着れず終いだったそうな。パンツを履かせようと逃げ惑う息子を玄関まで追い詰めたときのショットがこちら。完全にくっきーのチェチェナちゃん。

 

再度!撮影チャレンジ


諦めきれなかった妻。別日に再撮影を行うも…

 

もう何テイストか分からない!

ぶつかる個性!喧嘩!乱闘!

そしてこの人をすぐにイラっとさせるこのデカい顔!!この炎上写真を消防車さん消火してください!

 

もう収集がつかない、わが家の2歳記念~ナチュラルフォト編~はここらでおしまい。

ナチュラルへの執着心は深まるばかり…自宅撮影でげっそりした妻。

いつかそんな妻の心を満たしてあげられるナチュラルフォトを撮影してあげないとな…

しかし自宅での撮影はとてもじゃないけど準備もしなくちゃだし、衣装もそのためにそろえるのは面倒。

そんなときはスタジオに行くのがいいなと、今回の妻のことがあって強く思いました。

「お誕生日記念の撮影はフォトスタジオがいい!」

 



 

 

写真をたのしむための25の引き出し

FOTO-NO-MISO 14

 

この記事をシェアする