Staff BlogOmiya

pon
大宮店

佐藤尚孝

ポンちゃんです。
植物好きです。
一緒に楽しい撮影をしましょう!

テイストライク”ポッピングシャワー”

2020/8/20

254 0

 サーティンワンアイスクリームことバスキンロビンスの名作、

”ポッピングシャワー”を皆さん食べたことはあるでしょうか?

 大人になってあまりサーティンワンアイスクリームに行く機会こそ減りましたが、

僕の中でも好きなアイスの1つです。

色のカラフルさもそうですが、あの味はなんとも形容しがたいもので、

パチパチと口の中を弾けるキャンディーが口の中を楽しませてくれます。

 今回の写真のテーマはその”ポッピングシャワー”。

写真でアイスを表現!?という今回のふじみ野店の取り組み。とっても斬新です!

 写真はふじみ野店のバースデーブースで1歳記念のお子さんの撮影時に撮られたものです。

僕にとってこの写真は”ポッピングシャワー”だなと感覚的に思いました。

 この写真では無数のシャボン玉がキラキラと虹色に輝いて写っています。

それを木馬に乗りながら手を伸ばして触れようとする女の子。

カメラを見ているわけではなく、シャボン玉にワクワクしてそれを追っている目線や表情もポイントです。

 ではなぜこの写真がポッピングシャワーか?

今一度自分の経験の中でポッピングシャワーを食べた時を思い出して見ます。

 このアイスはどんな味なんだろうという見た目から来るワクワク。

 食べてみると甘さと冷たさがまず口に広がり、次にパチパチとキャンディーが弾け気分が楽しくなるあの感覚。

これらが由縁して僕の中のポッピングシャワーというワードのイメージは、勝手ながら”ハジける喜び”と言い直せるかもしれません。

その”ハジける喜び”をこの写真では表現されていると思います。

 ポップな色合いのバースデーブースにはシャーベットカラーの風船。

衣装にもテイストに統一感が出るようにシャーベットカラーのTシャツをチョイス。

決め手は、カメラマンすーさんが躍動感を出す傾きフレーミングとシャボン玉をキラキラと写すために照らしたライティング。

シャボン玉のまあるいシルエットといい、カラフルな感じといい、ワクワクな気持ちで手を伸ばしてるお子さんといい...

ポッピングシャワー(意味:ハジける喜び)という動詞があるとすれば、この写真は”ポッピングシャワーしてる写真”だと思いました。

 久しく童心に帰ってポッピングシャワーを食べてみようかなと思います。

 

photo:Soo

cordi&written:Pon

 

 

 

 

 

この記事をシェアする