Staff BlogKoshigaya

Manami
越谷店

Manami Saito

Manamiです。
昔から何かを作り見てもらう事が好きでした。
今は写真をというお仕事をさせてもらえる事がとても幸せです。
みなさんの想い出を一緒に作らせてください!
趣味が沢山あります!
漫画にアニメ、ライブ・・・若手俳優さんの舞台にもよく行きます。ミーハーです。
今はもっぱらK-POPです。笑
SEVENTEENというアイドルに捧げています・・・笑
是非韓流トークしてください♪

生き生きと動くこと

2020/8/20

154 0

 

Place by SOKA

coordinator by Kubo

photo by manami

 

 

 

oordinator Kubo

 

元気でお喋りな彼女には、瑞々しく弾けるパワーを感じました。

 

涼やかで瑞々しいシャーベットグリーンと、深く存在感のあるインディゴブルーのデニムで、爽やかだけど存在感のある元気な彼女らしさを意識したコーディネート。

 

グリーンは若さ、新鮮、生命力、希望といった意味を持ちます。

まだ若い彼女の未来が希望に溢れ、明るく楽しいものであるように。それが出来るだけあたたかいものであるように。

 

 

Photo manami

 

彼女は撮影が始まった時から大人の私たちに物怖じせず、自分の思った事をちゃんと伝えてくれる子でした。

彼女のふとした言葉の返しが面白くて、一緒に撮影に入ったkuboちゃんと大笑いしてしまう事もしばばしば。

とても元気で明るくて楽しい彼女だから、kuboちゃんが書いてくれているように涼やかで瑞々しいシャーベットグリーンがとっても彼女に似合っていました。

 

私は被写体の彼女自身からとシャーベットグリーンの色から「躍動」というイメージを連想しました。

 

「躍動」という言葉には<生き生きと動くこと>とあります。

「躍動感」という言葉には

<生き生きとしていて動きがよくわかるような雰囲気のこと、見ている人にそうした生き生きとした様子がよく伝わるような表現>とあります。

 

 

撮影時、最初はきなり色のシャツを羽織り、肌もはあまり見せず、帽子やメガネ、くつなども使い全体的にしっかり整えてある印象でコーディネートしています。

小物を色々使う事でシャツを脱いだあとの印象がガラリと変わります。

 

シャツを脱いだあとは極力小物は付けません。

小物はシンプルなシャーベットグリーンのトップスに似合う同系色のカチューシャのみにしています。

「躍動」<生き生きと動くこと>のように動きを重視しながら撮影をしたいなと思っていたので動きに注目できるよう乱れて直しが多くなってしまうもの以外を使用しました。

 

 

とても天気が良い日だったので草加店の大きな窓から日の光が差し込んでいました。

床に簡易的ですがベットのような雰囲気で空間を作り、その上で彼女が自由に動けるようにしました。

大きめのバスタオルを彼女に渡し、タオルの動きも見える様シャッタースピードを上げて一緒に掛け声を出しながら一気に広げてもらいました。

タオルに隠れて見えなかった彼女の表情。

広げた瞬間、満面の笑みが目の前に広がっていて思わず「かわいいー!」と叫んでいました。

 

ひらりと舞うタオルの動き、後ろに差し込む日の光、シャーベットグリーンの色味が持つ優しく、爽やで瑞々しさが躍動している瞬間、前ボケを少し入れることで大きな動きだけではない、柔らかな印象になるようにも考え撮影しました。

 

 

私たちは常に2人1組みのペアで撮影を行っています。

それは75枚の写真を撮ることは想像以上に大変な事で決して1人で撮影を行う事ができないからです。

コーディネートがいてくれるからこそ、カメラマンは一緒に写真作っていくことができます。

コーディネートは写真の中でとても大切な役割を持っています。

スタジオにあるお洋服や小物はインテリアに合わせながらスタッフたちが色々思考しながら購入していて、1つのお洋服で色々なアレンジをする事もできるので、

みんなで考えながら作っていく作業はいつもとても勉強になります。

 

1枚の写真が出来上がるまで被写体の方々、ママさんパパさん、コーディネーター、カメラマン色々な人たちが協力してくれるからこそ出来上がります。

 

今回改めて写真は一緒に作り上げていくものだと感じました。

 

 

生き生きと動く、彼女が感じた楽しさが少しでも写真から伝わってくれたらうれしいです。

この記事をシェアする