Staff BlogKoshigaya

バナナさん
越谷店

蒔田高徳

ライフスタジオ越谷店のバナナさんです。日々子供たちと楽しい撮影をしております。
元気な笑顔とトレードマークのバナナワッペンが目印です^^ 

私も気づけば3児の父
長女:9歳【絶賛ツンツン】
次女:6歳【常にキュンキュン】
長男:1歳【よだれ~】

ブログ見て撮影お願いしたいな~と思いましたら気楽にどうぞ電話でお伝えください♪嬉しいです♪

好きなこと
スポーツ観戦、映画鑑賞(コーラと共に♪)バスケは今もたまにやってます

最近、ハマっていること
杉戸天然温泉-雅楽の湯【うたのゆ】と 野田温泉ほのかで岩盤浴&温泉

Heartwarmingなブログを時々つづっていきますね
ちなみに本名はMakita Takanoriです

ラーメン屋で プラトンの国家より哲学

2018/9/28

210 11

人間が「生きる」ということは「考える」ということである

すなわち、全ての人間は、何らかの事物について考え、思索し

自らの意思に基づいて自分の行動を決定する

 

その過程で「どう行動するか」とうことを考えなければならず、

そうした一連の思索をする上で重要なのが「理性的に考える」ことである

 

さて、プラトンの「国家」という有名な哲学書がある

その中で、プラトンは人間の魂を三つに分類する「魂の三分説」を説いている

 

一つはイデア(idea/本質)を追求する不滅の部分である「理性」

二つ目は現実の世界に存在し、かつ人間の肉体に結びついている「欲望」

三つ目が理性と欲望の仲介的な部分である「気概」である

 

理性は「知恵の徳」 

欲望は「節制の徳」 

気概は「勇気の徳」 を備えており

これらの三つの徳がバランスよく調和すると「正義」の徳が実現されると説いた。

 

「理性(知恵)」「欲望(節制)」「気概(勇気)」「正義」はギリシアの四元徳と呼ばれ

四つの徳のバランスがとれた魂をもつことが理想とされた 

 

さて、私の休日の楽しみの一つにお昼に「美味しいラーメン屋」にいくことがある

私の家族は土日休み、私は火水が主に休みの為

私の休日のラーメン屋は、、、ここ最近どうも私一人になってしまう・・・(寂しい)

近々、草加店 の Ma-kun がうちの近所に引っ越してくるので

休みの日にも、たまにお昼に一緒にいけそうな仲間が近所にできるのが、この先の楽しみである

 

ラーメン屋とは一つの「国家」みたいなものである

ラーメン屋で、ただそこにあるラーメンを食べれば良いのではなく、

そこには、カロリー四大原則「四大徳」的なものがある (えぇ、そうです 私が勝手に作った)

 

それは、「ラーメン、チャーハン、ギョーザ、コーラ」の四大カロリー原則の調和があることであり

 

もし、プラトンがこの時代に生きていたならば

ラーメン屋という一つの「国家」で どのようにラーメンを食すべきかについて

「国家」同様に

「理性、欲望、気概、正義」で説いたであろう・・・と プラトンの代わりに哲学する私は・・・

 

現在、絶賛ジム通いのダイエット中という矛盾した存在でありながら・・・

「理性的」に考え 「欲望を節制に」シフトし、「気概(勇気)」を持って一つを減らすことを選択し、行動した

 

皆様、お気づきだろうか・・・

 

ゴゴゴ・・・(午後ティー飲みたい・・・)

 

 

 

↑ 私がいつも頼んでいた、チャーハンがトップの画像には無いことを・・・(あぁ食べたい)

 

私の

理性は「知恵の徳」 チャーハンを減らせと

欲望は「節制の徳」 600kcal 節制だと

気概は「勇気の徳」 今こそ、勇気を持って行動と選択だ

 

これらの三つの徳がバランスよく調和すると

「正義」の徳が実現されると説いた・・・プラトンのおバカ!!

 

しかし、チャーハンを減らしたからと「正義」は実現されたのか・・・否、むしろ負けた気持ちだ

 

理想は、誰かと一緒に来店し、ギョーザとチャーハンを仲良くシェアすれば

全部丁度良く食べれて、おいしさも感動もシェアできるではないか・・・

 

さぁここまで読んで哲学したあなたは・・・

 

私と一緒に「田所商店」でラーメンフルコースを食べに行きましょう^^

 

ちゃんちゃん♪

この記事をシェアする