Staff BlogKoshigaya

Park WooKyu
越谷店

朴禹圭(Park)

越谷店、10月の議論テーマ & 私の考え

2019/11/8

87 0

 

A. マの本

ブルーオーシャン戦略

1 ブルー・オーシャンを生み出す

2 分析のためのツールとフレームワーク

まず、第1章、第2章をんでください。

 

 

B.

ライフスタジオがより生んだ方向に進むためには、自分自身を正確に把握する必要がある。 そして企業を把握するいろいろな方法がある。 その中で私たちは今回、 블루ブルシャン책을という本を中心に私たちを把握してみよう。

ではブルシャンとは何か? 遊船にってい海を旅行する姿を想像すれば、似ているだろう。

逆にレッドオシャンといえば、停泊するところが足りない港で、お互いに早く停泊しようとする船が競する姿と似ていないだろうか。

企業活動の況も似ている。

一般的なレッドオシャンの企業は、同じ産業にする他のライバルがえるにつれ、益と成長にする期待値は低くなる。 このような況で、競者に勝つために格を下げたり、品質を差別化したり、より優れたサビスをしようと努める。 しかし、このように行動するのはライバルも同であるため、お互いにはさらに血の光のレッドオシャンに深くはまる。

しかし、ブルシャンの企業は他の社と競しない。 ブルシャンでは存の産業では見られなかった新しい「値革新」で勝負する。 ここでは、ゲムのルルがまだ決まっていないため、競とは無だ。

 

このような革新価値を通じてブルーオーシャン企業になった会社の例が本に出ている。Cirque du Soleilはサーカスと演劇で最も良い点だけを引き出し、他のものは完全に無くしたり果敢に減らした。このほかにもいろいろ例があるので本を参考にしてほしい。

 

それなら具体的にどのような分析的道具を使ってレッドオシャンから解放され、さわやかなブルシャンの海に飛びむことができるか。

本書で提示する方法は、まさにERRCと略ケンバスだ。

まずブルシャンに行くためにそれぞれの企業はERRC表を作る必要がある。

(E)除去:業界で然のことと受け止められている要素の中で取り除く要素は何か。

(R)削減:業界の標準以下に下げるべき要素は何か?

(R)加:業界の表中以上に上げなければならない要素は何か。

(C)創造:業界はまだ一度も提供していないものの中で、創造すべき要素は何か。

 

その次にERRC表を基盤に新しい略ケンバスを描かなければならない。

最後に、このような略ケンバスを正確に表現できる"素敵なスロガン"で表現すればいい。 略の果とパワをテストする良い方法は、その略が力で創的なスロガンを持っているかを確認することだ。

本書で提示するブルーオーシャン企業を目指すための方法を整理すると、ERRC”表で価値革新の方向性を探り、その方向性をケンバス”に表現した上でまとめられた戦略を創的なスロガン”にする。

 

 

C. 討論のテ

 

1.ブルシャンとレッドオシャンを"一言"と定義してみてください。

- 面白い表現がいい。

2.自分が知っている企業のうちで代表的なブルシャン企業を選定してみよう。

- その企業のERRC表と戦略ケンバスを描く。

 

 

 

 

 

1. ブルシャンとレッドオシャンを"一言"と定義してみてください。

 

飲食店に例えて定義してみました。

 

レッドオーシャン

ー 牛丼 (吉野家、すき家、松屋)

どこでも似たような「マニュ」と似たサービス、似たようなイベントを行っている。 各自の性向はあるが、自分が好きなブランドを食べるために遠方に移動することはほとんどない。

 

ブルーオーシャン

- いきなり ステーキ

今は少し人気が減ったが、最初に登場した時はERRCの適切な配合でブルーオーシャン企業の特徴を見せた。

 

 

2. 自分が知っている企業のうちで代表的なブルシャン企業を選定してみよう。

 

APPLEのiPhoneやアイチューンズ,ユニクロのヒートテック,MINTENDO WII,ソニーのウォークマンなどがすぐに思い浮かぶが最新の企業でイキナリステーキを分析してみた。

 

分析の対象となる対照群は、従来の"高級レストラン"と"ファミリーレストラン"とした。

そして、分析項目としてはインテリア、サービングサービス、様々なメニュー、安らぎ、価格、品質、専門イメージ、回転率を比較した。

 

 

インテリア:従来のレストランと比べると,とてもシンプルなインテリア

サービングサービス : 非常に少ない従業員向けサービス

多彩なメニュー: 最小限のメニュー

安楽:起きて食事をする。 安らかな低さ

価格:ファミリーレストランよりは少しお高い価格帯

品質 :肉の質を中心に非常に高い価格対品質

専門のイメージ : 他のイメージは消してステーキ専門だということを強調

回転率 : 速い回転率

 

従来の固定観念である高級感溢れるインテリア、スタッフサービス、様々なメニュー、リラックス感を果敢に除去、または減少させた。 そして、このような減量した資源を優れた材料の品質に集中した。 そして他のレストランとは違っていろんなメニューの中で一つではなくステーキだけを集中的に企業イメージ化した。 また、不便なインテリアを楽しいイメージに変えて、早く食べる雰囲気に変えた。 それで回転率を高めた。

このような特徴で私が選んだブルーオーシャン企業は"イキナリステーク"。

この記事をシェアする